食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
ひじきと豚肉のレモンマスタード炒め

ひじきと豚肉のレモンマスタード炒め

フォロー
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ひじきと豚こま切れ肉を、粒マスタードとレモンで炒めるレシピをご紹介します。 「そんなことをして大丈夫?」という声が聞こえてきそうですが、粒マスタードとひじき、豚肉、それぞれの相性はとても良く、レモンを加えることで、しつこくならず、あっさりといただけます。その旨味をひじきにたっぷりとしみ込ませ、甘辛く炒め煮にするとごはんが進む一品が出来上がります。 ひじきの煮物ではない、洋風メニューとしても活用いただけますと幸いです。

材料

(4人分)
  • 乾燥ひじき
    30g
  • 豚こま切れ肉
    300g
  • 片栗粉
    大さじ3
  • サラダ油
    小さじ2
  • 粗挽きマスタード
    大さじ2
  • 大さじ2
  • みりん
    大さじ2
  • レモン果汁
    大さじ1
  • しょうゆ
    大さじ1
  • 砂糖
    大さじ1

手順

  • 【1】ひじきはたっぷりの水に10~15分間つけて戻し、ざるにあげて水気を切っておきます。
  • 戻している間に、次の手順に進んでおくと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 上のほうからすくうようにしてざるに取り、ごみが多いようなら2~3度水をかえて軽くすすぎ、水気をよく切ります。
  • 砂などがついていることがあるので、砂を落とすように、ひじきをすくって取り出すと良いです。
  • 【2】合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。
  • この作業は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 【3】豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにしてまぶしつけます。
  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 今回は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。
  • 【4】フライパンにサラダ油を薄くひき、手順7の豚肉をほぐし入れます。
  • 【5】弱めの中火にかけます。2分ほどすると「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5~6分ほどほったらかしにします。
  • 表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 【6】表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。
  • くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
  • この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。
  • 【7】手順1のひじきを加えざっと全体を混ぜ合わせて油を回します。
  • 【8】手順2の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませ、ふたをします。
  • 【9】充分に蒸気が立ったらさらに2~3分ほどそのままにし、豚肉、ひじきにしっかりと火を通します。
  • 【10】ふたを外し時々かき混ぜながら20~30秒ほど炒め、汁気を飛ばします。
  • フライパンの底をヘラでなぞれるようになるまで煮切ります。
  • 【11】保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 乾燥ひじきを戻す際、砂などがついていることがあるので砂を落とすように、ひじきをすくって取り出すと良いです。 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。 豚肉を炒める際は、できるだけさわらず放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり片栗粉もはがれてしまいます。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:にんじん/お好みのきのこ類/いんげん/スナップエンドウ/玉ねぎ 丼飯の具材としても。 パスタと和えても。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画