バター風味のフランスパン生地*HB手捏ね

材料(ぷちパン6個分*リスドォル*メゾンカイザートラデショナルなどの準強力粉使用) 生地 A)食事系生地 B)菓子パン生地 準強力粉 A)150g B)150g 水 A)50g B) − 牛乳 A)50g B)100g 無塩バター A)10g B)15g 砂糖 A)7g B)15g 自然塩 A)2g B)2g ドライイースト A)2g B)2g *バター クープバターに適量 ■食べ切り量なので6個で少ない場合は倍量にして下さい(12個分)
バターが香るソフトフランス♪食事系と菓子パンと分量少し変えてます 作り方 [1] 【HB】イーストをセット。材料を入れ生地作り。生地がひとつに纏まってきたらバター投入。(7~8分後)後はHBにお任せ→ [2] HB使用の場合、工程⑨に進む [3] 【手捏ね】大きめのボールに粉を入れて中央にくぼみを作る。 [4] くぼみに砂糖とイーストを入れて塩は砂糖と離すように端の方に入れる。 [5] 35℃位に温めた仕込み水(水+牛乳)を中央をめがけて流し入れて混ぜ、生地をまとめていく。 [6] 生地がまとまったら台の上に出す。5~10分位捏ねる。 [7] バターを揉みこみ更に捏ねる。綺麗な生地になれば丸め、乾燥させ無いようにし1次発酵する。(硬く絞ったフキンを覆う) [8] 人差し指の先に粉をつけてパン生地に指を入れ、穴があいたままならOK。パン生地が戻ってきたら発酵不足、もう少し時間をおく。 [9] 1次発酵終了後、ガスを抜いて6分割にし、丸めなおす。ベンチタイム15分。 その後、丸め直し成形する。 [10] 生地の乾きに気をつけて仕上げ発酵する。(2倍弱くらい)生地の様子を見つつ天板も一緒に予熱開始。250℃~ [11] 粉を振りクープを入れる分量外のバターを挟み→霧吹きをし→250→220℃に下げて10分焼成→200℃で5分~焼成する [12] お好みの焼き色になればOKオーブンから出し、粗熱が取れたら頂きます。 [13] Bの生地を使ってお花のパンを作りました。下記にレシピあります。 ■コツ・ポイント *オーブンの機種により焼き加減が違うので温度設定は目安としてください*HB使用で夏場の気温が高い時は常温水にしてます*オーブン予熱は最高温度まで上げるのが理想。 ■このレシピの生い立ち *準強力粉(フランスパン粉)が好きで、最近よく作ってる生地です。 小家族用に食べ切り分量のレシピにしました。(少ない場合は倍量で)*菓子パンと食事系のパンを作る時に分量を変えてるので、それも記載してみました。 ーーーーーーーー 可愛いお花✽バターシュガーの菓子パンHBの材料はこちら  ーーーーーーーー 『バター風味のフランスパン生地』こちらのレシピの生地を使用してます ●バニラオイル(無くてもOK) 数滴 ★溶かしバター 適量 砂糖(グラニュー糖*キビ砂糖など) 適量 ドライ苺、チョコチップなど 適量 ーーーーーーーー 可愛いお花✽バターシュガーの菓子パンHBのレシピはこちら ーーーーーーーー [1] バター風味のフランスパンの生地に●バニラオイルを数滴入れ、出来上がった生地を使用してます。(参考になさって下さい) [2] 出来上がった生地を4分割にする。その分割1つ分をまた4つに分割し、丸め、濡れフキンで覆い10~15分程生地を休める。 [3] ②の丸めた生地を麺棒で丸く伸ばし、生地同士を4つ重ねる。くるくると巻いていく。 [4] 真ん中を切って2等分にする。2倍の大きさに発酵する。オーブン予熱200度にする。 [5] ドライ苺を細かく切って同じ様に巻いた物ドライ苺や他の具も同様、巻いてから半分に切るので中央は少し空けておくと切り易い。中央に具を控えると底面に具が出にくいです④と同じく2等分し仕上げ発酵。 [6] ④⑤どちらも軽く霧吹きしグラニュー糖をかける予熱200度→180度に下げ12~15分前後、焼成. [7] 焼成後どちらも熱いうちに刷毛で★溶かしバターを塗ります粗熱を取って出来上がり。 [8] 市販品の小粒のアーモンドプラリネや、クランチ等を⑤の工程で巻いても美味しいです. [9] 今回150gの粉で生地を4分割、計8個出来ました。小さめのお菓子パンですが、大きくしてもOKお好みで。