57℃ 疲労回復効果◎ガーリックシュリンプ

究極のしっとり食感×濃厚贅沢な海老エキス。 BONIQで鳥肌がたつほどの美味しさに。 《材料》 ☆2人分☆ ・えび (バナメイえび、厚さ1cm)  10匹 ・バター  15g <えびの下処理> ・片栗粉  大さじ1.5 ・塩  小さじ1 ・水  大さじ2 <A> ・にんにく  2片 ・白ワイン  小さじ2 ・しょうゆ  小さじ1 ・塩  小さじ1/2 ・オリーブオイル  大さじ2 <お好みで仕上げ> ・チリパウダー
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 えびの下処理 えびの足をキッチンバサミでカットし、殻付きのまま背わたのある上側を頭から尾の方に向かって、切れ込みを入れる。 竹串などで割れ目から背わたを抜き取る。 2 えびを洗う ボウルに下処理用の材料を入れて混ぜ合わせ、えびを加えてよく揉みこむ。 汚れで液が黒ずんできたら洗い流し、ペーパーで水気を押さえる。 3 下味をつける にんにくをみじん切りにし、残りの<A>の材料とえびをボウルに混ぜ合わせる。 冷蔵庫で1時間ほど置き下味をつける。 4 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 57℃ 1:55(1時間55分)に設定する。 5 フリーザーバッグに投入 えびとバターをフリーザーバッグに入れる。 6 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 7 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、バーナーでえびの殻を軽く炙る。 皿に盛り付け、お好みでチリパウダーをかけて出来上がり。 《作る際のポイント》 下処理の段階で食べる時に殼が取れやすいよう切り込みを入れ、同時に背わたを取っておきます。 殼ごと調理することで、殼から出るエキスで旨みがアップします。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 エビは高タンパク低脂質でタウリンも豊富なダイエット中に最適の食材です。 タウリンは肝臓で作られる胆汁酸の生成を促して悪玉コレステロールを減らしたり、肝機能の強化、目の疲労の軽減、さらに血圧を正常値に下げる働きも期待できる栄養素です。もちろん、疲労回復にも効果があるので運動量が多い日の食事に最適ですね。 ただし、タウリンは水に溶けやすい性質を持っています。茹でると煮汁にタウリンが流出してしまうので、今回のレシピのように生のエビを購入して調理するようにしましょう。 エビにはカルシウムが豊富に含まれているというイメージもあるかもしれませんが、それは殻ごとエビを食べた場合です。 サクラエビ等の小エビであればカルシウムの摂取を期待できますが、甘エビやバナメイエビなどの大き目なエビは殻を剥いてから食べることがほとんどなのでカルシウムはそれほど多く摂取できません。 もし、エビでカルシウム摂取をしたい場合は殻を残しておいて乾燥させ、ミルなどで細かくしてからふりかけや料理に使用すると良いですよ。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html