【野菜ひとつ】もやしの梅和え

■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、もやしと梅を使ったレシピをご紹介します。 梅を活かしたしっかりめの味付けで、ご飯やお酒が進む副菜です。ノンオイルでシャキシャキとした歯ざわりで、暑い日や食欲の無い時にも食べやすい一品です。 具材は作りやすいもやしのみでご紹介しています。お好みできゅうりや春雨、大葉やみょうがなどの香味野菜を加えてもおいしくいただけます。 梅肉と鶏がらスープの簡単味付け、安価な材料でさっと作れます。もうあと一品の副菜、お弁当のおかずや酒の肴にぜひご活用くださいませ。 ■材料(4人分) 緑豆もやし または 大豆もやし 2袋(200g×2) 水 400ml(2カップ) 酢 大さじ1(15ml) ■合わせ調味料 梅肉※ 大さじ1(梅干し大2個分) 鶏がらスープの素 小さじ2 ※漬梅の場合、梅干しの代わりに同量の赤じそを刻んで使っても構いません。
■作り方 【1】もやしを洗います。もやしはたっぷりの水につけて洗い、すくうようにしてざるにあげます。 汚れや臭みの部分は、ボウルの中に残ります。 もやしはひげ根を取るのがおいしく仕上がるコツですが、面倒な方は、次のようにするとよいです。 たっぷりの水に浸して洗い、ざるに上げる際は、すくうようにして上げ、ゆでる時に酢を加えると、クセがだいぶ抑えられます。また、水からゆでることで、シャキッと仕上がります。順を追ってご説明します。 【2】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。 この作業は、手順3で、もやしをゆでている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。 鶏がらスープの素をしっかりと溶きましょう。 【3】フライパンか鍋にもやし、水、酢を入れ、ふたをして強火にかけます。 8人分は4リットル以上の大鍋を使用するとよいです。 【4】沸騰して充分に蒸気が立ったら、緑豆もやしはすぐに火を止めて大豆もやしなら追加で1分加熱し、ざるにあげます。 水からゆでて、余熱で仕上げることで、作り置きをしても、シャキシャキの歯ざわりでいただくことができます。 水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。 【5】もやしの水気をできるだけ切って(絞りません)手順2のボウルに入れて和えます。 菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。 【6】保存の際は、 充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。 ゴムベラを使うと、無駄なく移し替えられます。 出来立てすぐでもおいしいですが、少し味が強いです。冷蔵庫で1時間ほど冷やすと、味がなじんで、さっぱりと口当たり良く、よりおいしくいただけます。 ■作り置きのコツ・ポイント もやしは水からゆでて余熱で仕上げること、できるだけ水気を切ってから(絞りません)調味料と和えましょう。 水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 出来立てすぐでもおいしいですが少し味が強いです。冷蔵庫で1時間ほど冷やすと味がなじんで、さっぱりと口当たり良くよりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に和えておいしい具材:きゅうり(薄切りまたは細切り・塩もみ)/緑豆春雨/大葉/みょうが/わかめ/薄焼き卵/枝豆/いりごま/すりごま 冷しゃぶにたっぷりと添えても。 お弁当に詰める際は水気をよく切ってから詰めましょう。 https://mayukitchen.com/bean-sprouts-plum/