【野菜ひとつ】水菜のごましょうが和え

■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、水菜の和え物のレシピをご紹介します。 ごまとしょうがの風味豊かにシャキシャキの歯ざわりで、水菜をたっぷりといただきます。 水菜をさっとゆでて調味料で和えて出来上がりです。 水菜は火を通すことでより歯ざわりが引き立ちます。うんとカサが減りますので、驚くほどたっぷりの量を食べることが出来ます。 もうあと一品の副菜やお弁当のおかずにぜひご活用くださいませ。 ■材料(4人分) 水菜 2把(170g~200g×2) ■合わせ調味料 しょうゆ 小さじ4(20ml) 砂糖 小さじ2 顆粒和風だしの素 小さじ1/2 しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分) すりごま 大さじ2
■作り方 【1】たっぷりのお湯を沸かし始めます。水菜2把で2リットル程度目安です。 水菜の歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。 【2】水菜をよく洗います。根元を切り落として土などが付いていることがあるので、根元からたっぷりの水につけて根元をよく洗い、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。 【3】お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にします。 【4】沸騰したお湯に水菜を一気に入れ、菜箸などで水菜全部をお湯につけます。 【5】10秒ほどですぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取って水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げておきます。 「グラッとくる」という状態です。あらかじめ切っておいた水菜は、特に速攻でグラッときます。 水に放つことでアクを抜き、辛味やえぐみを取り除きます。 水は氷水である必要はありません。水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。 【6】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。 【7】水菜の水分をしっかりと絞ります。 両手を使ってぎゅっと絞りましょう。 ゆでた水菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。 【8】手順6の合わせ調味料のボウルに水菜をほぐしながら加え、全体をほぐすようにして和えます。 菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。 【9】保存の際は、 充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。 保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。 ■作り置きのコツ・ポイント 水菜は土などが付いていることがあるので、根元からたっぷりの水につけて根元をよく洗いましょう。 水菜を水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると栄養分も流れ出てしまいます。 ゆでた水菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと味がぼけ、作り置きにも向きません。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り/ゆで)/油揚げ(焼き/ゆで)/えのきだけ(ゆで)/ひじき(ゆで)/切干大根 一緒に添えておいしい香味野菜・乾物:かつお節/きざみのり/一味・七味唐辛子/いりごま/ごま油 卵焼き、ココット、混ぜご飯の具材にも。 お弁当に詰める際は、水気を切ってから詰めましょう。 https://mayukitchen.com/mizuna-with-sesame-ginger/