63℃ 豚しゃぶキャベツのサラダうどん弁当

やわらか豚しゃぶと歯応えの良いキャベツが主役のサラダうどん弁当。 低温調理で食材の旨みや水分、栄養分を逃さずキープ。   BONIQレシピ「豚しゃぶキャベツ温サラダ」をうどんの具にアレンジ! 炭水化物とセットにして、お弁当でもパッと食べやすく◎     《お弁当の献立(3品)》 ・主菜(1/1):「63℃ 栄養まるごと◎豚しゃぶキャベツ 温サラダ」(1人分/全量2人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/0c174c11-e887-4d8e-bfba-49afae59dd09 (「クラシル BONIQ 豚しゃぶキャベツ」で検索もOK) ・副菜(1/1):生野菜 ・主食(1/1):うどん   《BONIQ設定》 豚しゃぶキャベツ:63℃ 0:50(50分)   ※低温調理 加熱時間基準表:https://boniq.jp/pdf/ttguide.pdf (「加熱時間基準表」で検索もOK)   《材料》 主菜(1/1):「63℃ 栄養まるごと◎豚しゃぶキャベツ 温サラダ」(1人分/全量2人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/0c174c11-e887-4d8e-bfba-49afae59dd09 (「クラシル BONIQ 豚しゃぶキャベツ」で検索もOK) ※下記材料は全量2人分 ・豚肩ロース(しゃぶしゃぶ用薄切り肉)  160g ・キャベツ  130g ・塩(豚肉の下味として)  約1.5g(豚肉の0.9%) ・塩(キャベツの下味として)  約1g(キャベツの0.9%)   <ねぎ生姜だれ> ・しょうが  4g ・にんにく  1片 ・長ねぎ  20g ・酒  大さじ1 ・水  大さじ1 ・液体塩麹  大さじ1 ・鶏ガラスープの素  小さじ1/2 ・ごま油  大さじ2   <仕上げ> ・みょうが(スライス)  1/2個   副菜(1/1):生野菜 ・トマト  1/4個 ・きゅうり  1/3本   主食(1/1):うどん ・うどん  200g     ■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ(ボニーク)   ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※低温調理器 BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「BONIQ」で検索もOK)   《手順》 主菜(1/1):「63℃ 栄養まるごと◎豚しゃぶキャベツ 温サラダ」(1人分/全量2人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/0c174c11-e887-4d8e-bfba-49afae59dd09 (「クラシル BONIQ 豚しゃぶキャベツ」で検索もOK) BONIQで63℃ 0:50(50分)低温調理をする。 (※肉・魚の種類、厚みに応じてBONIQ設定を変更する。※低温調理 加熱時間基準表:https://boniq.jp/pdf/ttguide.pdf (「加熱時間基準表」で検索もOK))   ねぎ生姜だれは瓶などの容器に入れておく。   副菜(1/1):生野菜 トマトはくし切りにする。 きゅうりは飾り切りにする。(スライスでも可)   主食(1/1):うどん うどんを茹で、流水で洗ってぬめりを取り、しっかり水を切る。   《作る際のポイント》 うどんに豚しゃぶとキャベツを乗せて一緒にお召し上がりください。   豚しゃぶのたれは瓶に詰めて別添えにし、食べる直前にかけるのがおすすめです。   うどんは表面のでんぷん質のぬめりをしっかり取り除いておくと、冷めても麺がくっつきにくく、水で締めることで伸びにくくなります。   あらかじめうどんの表面をごま油などでオイルコーティングすると、より麺のくっつきを防ぐことができますが、オイルコーティング無しでもたれにごま油が含まれているので麺がほぐれやすくなっています。    《作った感想》 やわらか豚しゃぶと歯応えの良いキャベツが主役のサラダうどん弁当。   豚肉とキャベツは同時調理で効率的です。   低温調理で作った豚しゃぶは茹でた場合と比べて、豚肉の旨みや水分を逃さず弾力があります。 出来立ての温かい豚しゃぶはもちろん、冷めてもふっくら柔らかジューシーなので、お弁当にも活用できます。   キャベツは食感が良く、甘みが感じられます。 茹でたりお湯にくぐらせると、水溶性の栄養素であるビタミンCやビタミンU、葉酸などの栄養分が茹で汁に流出してしまいますが、低温調理でキャベツを加熱することで栄養分を逃さず、まるごと摂取することができます。   風味豊かなねぎ生姜だれは、豚肉とキャベツとの相性が良く旨みを引き立てます。   《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。   【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK)   また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。   【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.htm