50℃ 生のようなレア 馬刺しのロースト

馬刺しの新しい美味しさを発見! BONIQの低温調理ならではの〝生より食べやすい、生のようなレア〟 《材料》 ☆2人分☆ ・馬刺し(もも肉。塊肉/ブロック)  200g ※生食用の新鮮なもの。 ・サラダ油  小さじ1 ・塩  少々 ・しょうゆ  適量 <お好みで薬味> ・刻みねぎ ・千切りみょうが ・おろししょうが
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 50℃ 0:30(30分)に設定する。 2 下味をつける 馬肉の両面に塩をふる。 3 焼き色をつける フライパンにサラダ油を熱し、強火で馬肉の表面に焼き色をつける。 4 フリーザーバッグに投入 焼き色をつけた馬肉をフリーザーバッグに入れる。 5 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 6 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、あら熱をとる。 1cm幅にスライスして皿に盛り付け、お好みで薬味を添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 おろししょうがとしょうゆの他に、にんにくを入れたり、ごま油をたらしても美味しく食べられます。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 馬肉には疲労回復に効果的なグリコーゲンが他の肉に比べてはるかに多く含まれています。 グリコーゲンは赤身の肉に豊富な栄養素なのですが、豚の赤身で100g中432mg、牛肉の赤身で674㎎含まれているのに対し、馬肉の赤身には2290㎎も含まれているのです。グリコーゲンは疲労時に瞬時にエネルギーに変わる重要なエネルギー源であるほか、集中力を高めたり、血糖値を調整する効果もあります。 なかなか購入する機会がない肉かもしれませんが、最近では馬刺し専門のネットショップを簡単に見つけることができます。ちょっとしたパーティーやお祝い事の際にお取り寄せし、馬刺しとして楽しむ以外にちょっとひと手間加えたローストにしてみると違った味わいが楽しめますよ。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html