とうもろこし🌽の美味しい茹で方

とうもろこしが美味しい北海道より★ 甘さが引き立ち、しわしわにならない!簡単一手間でグンと美味しくなる茹で方です🌽 【材料】 とうもろこし 適量 【茹でた後の塩水】 水:塩 1Lあたり大匙2〜3 【作り方】 1️⃣鍋にとうもろこし、浸かる位の水を入れ火にかけます。上にお皿をのせると、途中返さなくてもムラなく火が通ります。グツグツ沸騰してから7〜8分(柔らかめが好きな方は10分)茹でます。 2️⃣その間に大きめのボウルや鍋に塩水を作っておきます。 茹でる鍋以外に大きめのボウル等がない方は、茹で終わってから一旦とうもろこしを出し、鍋に塩水を作ると良いです。 3️⃣茹で上がったら、トングでとうもろこしを取り出し、塩水につけます。10分程つけたらザル等に取り出します。 4️⃣水気を切って1本ずつラップに包み、ジップロックに入れて冷蔵庫で冷やし完成です。茹でたてより、冷やした方が甘みが増します。 【コツ・ポイント】 皮やひげを残して茹でる方法もありますが、その必要はなくとても甘くてみずみずしいとうもろこしに。(とうもろこし本来の甘味具合により仕上がりは違います) 茹でた後に塩水に漬けるのと、しっかり冷やすのが甘さを引き立たせてみずみずしさを保つポイント。 ■このレシピの生い立ち 実家(北海道)で食べるとうもろこしはとっても甘かったけど、自分で茹でるとあまり甘くない。とうもろこしのせいかと思っていたけれど、母に茹で方を教えてもらい、茹で方が大事だと知りました。