食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】かぼちゃの照り焼き

【野菜ひとつ】かぼちゃの照り焼き

フォロー
保存:2
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、かぼちゃを使ったレシピをご紹介します。 かぼちゃなのにご飯やビールが進む、香ばしく甘じょっぱいおかずです。 味付けはごま油、しょうゆ、みりん、シンプルなレシピです。かぼちゃの下ゆでなしで手間なく作れます。 もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかずやおつまみにもどうぞ。

材料

(4~6人分)
  • かぼちゃ
    1/2個(正味600~800g目安)
  • ごま油
    大さじ2(30ml)
  • しょうゆ
    大さじ2(30ml)
  • みりん
    大さじ2(30ml)

手順

  • 【1】合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。
  • この作業は、手順5でかぼちゃを蒸し焼きにしている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 【2】かぼちゃは種とワタを取り除きます。
  • 皮ごと使いますので、よく洗います。
  • 【3】皮ごと1片の幅が4cm程度(指3本分の幅目安)になるように切り、7mm幅(人差し指の1/2幅目安)に切ります。
  • 大きい状態のかぼちゃを切る際は、切断面を下に、皮を上にして、皮のほうから包丁を入れましょう。ぐらぐらせず安定し、空洞が下になるため、切りやすいです。
  • 【4】フライパンにかぼちゃとごま油を入れ、かぼちゃ全体にごま油がまんべんなく絡むようよく混ぜ合わせてから、ふたをして弱めの中火にかけます。
  • 【5】蒸気が充分に出るまで7~8分ほど蒸し焼きにします。
  • 蒸し焼きの間は放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。
  • 【6】フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。
  • 【7】再びふたをしてかぼちゃに竹串が通るまで3~4分ほど蒸し焼きにします。
  • 火加減は弱めの中火のままで構いません。
  • かぼちゃに竹串がスッと通るようになると、火が通っています。
  • 【8】合わせ調味料を加え、上下を返すように底からかき混ぜて調味料を全体に絡めて出来上がりです。
  • 合わせ調味料は、鍋肌から回しかけるように、全体にまぶしながら加えると、ムラなく、より香ばしく仕上がります。
  • 合わせ用調味料を加えたら、煮えたかぼちゃに一気にしみ込みますので、できるだけ手早く行いましょう。ここまでで約30秒です。とはいえ、多少崩れたり、焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 【9】保存の際は、
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 大きい状態のかぼちゃを切る際は切断面を下に、皮を上にして、皮のほうから包丁を入れましょう。ぐらぐらせず安定し、空洞が下になるため切りやすいです。 蒸し焼きの間は放置しましょう。むやみにいじると火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。 合わせ調味料は鍋肌から回しかけるように、全体にまぶしながら加えると、ムラなくより香ばしく仕上がります。 合わせ用調味料を加えたら、煮えたかぼちゃに一気にしみ込みますので、できるだけ手早く行いましょう。ここまでで約30秒です。とはいえ、多少崩れたり焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:ミックスナッツ/さやいんげん/枝豆/スナップえんどう 一緒に加えておいしい香辛料・香味野菜:いりごま/粗挽き黒こしょう/にんにくすりおろし/しょうがすりおろし いただく際に添えておいしい具材・調味料:マヨネーズ/七味・一味唐辛子 オーブンで焼いても。お好みで溶けるチーズかマヨネーズを混ぜ込むか乗せます。 オムレツやキッシュの具材としても。 作り置いて冷蔵庫で冷やした状態のものをマヨネーズで和えると、サラダになります。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画