95℃ 生活習慣病を予防◎ホクホク 肉じゃが

お腹も心も満たされる♪ みんな大好き、おふくろの味。 《材料》 ☆3〜4人分☆ ・牛薄切り肉  100g ・じゃがいも  400g(中サイズ3〜4個) ・玉ねぎ  120g(小1個) ・にんじん  50g(1/2本) ・しらたき  100g <調味料> ・だし  100ml ・しょうゆ  大さじ2 ・酒(煮きり)  大さじ1 ・みりん(煮きり)  大さじ1 ・砂糖  大さじ1/2
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、上限水位最大の水量を用意する。 95℃ 1:00(1時間)に設定する。 2 材料をカットする じゃがいもは皮をむいて4〜6等分にカットし、水にさらしておく。 玉ねぎは繊維に沿って1cm幅に、にんじんは皮をむいて乱切りし、しらたきはさっと下ゆでして水気を切り、8cmにカットする。 牛薄切り肉は4cmの幅にカットし、さっと下ゆでしておく。 3 フリーザーバッグに投入 ②の材料と調味料をすべてフリーザーバッグに入れる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 ※BONIQ コンテナ、保温ルーフ、保温ジャケット:https://boniq.store/pages/bulkupcontainer (「ボニーク」で検索もOK) 5 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、皿に盛り付けて出来上がり。 《作る際のポイント》 従来の鍋で材料を炒めてから煮込む方法では、肉を炒める際に鍋底にくっついてボロボロになってしまったり、煮込むうちに、肉が固くなってしまうことがあります。 ここでは牛肉を下ゆですることで、あくを取り除いています。その際は煮立たないくらいのお湯でゆで、肉の色が変わるタイミングですぐにザルでお湯をきってください。 肉が柔らかいままの、澄んだだし汁の肉じゃがに仕上がります。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 肉じゃがに使用する薄切り肉はこっくり系が好きならバラ肉、あっさり系が好きならもも肉までお好みの部位を使用してください。 脂質が多い順にバラ肉、ロース肉、肩ロース肉、そしてもも肉となっており、タンパク質はその逆となっていますので、目的やお好みに合わせて選ぶと良いでしょう。 レシピの中心の食材となるじゃがいもは、カリウムやビタミンCが豊富に含まれています。 カリウムは余分な塩分を排出し、血圧の上昇を抑えるなどの生活習慣病を予防するのに役立ちます。一日に摂取したいカリウムの目安量は成人男性で2,500mg、成人女性で2,000mgで、じゃがいも100g当たり590mgと、今回のレシピ一人分で590mg含まれています。 コラーゲンの生成に必要なビタミンCは果物や野菜に多いイメージですがじゃがいもにも多く、100g当たり35mg含まれます。一日に摂取したい量が100mgなので、一食分に摂りたい量を摂取できます。 ビタミンCは熱に弱い性質ですが、でんぷんによって守られるため、加熱により失われにくいのもポイントです。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html