文学メシ!「椿姫」のボンボン菓子♫

材料(1回分) 干し葡萄(オイルコーティングしていないもの) 30g 砂糖 20g ラム酒(お好みで) 小さじ1 水 鍋にひたひたぐらい 砂糖(グラニュー糖) 大さじ1程度 粉砂糖 小さじ1程度
「砂糖漬けの乾ぶどうを1ポンドくれないか。他のボンボンは決して食べないんだ」というセリフから私なりに再現その①。 作り方 [1] 干し葡萄を小鍋に入れて、たひたの水と砂糖、ラム酒を加え、やや強火にかけます。 [2] 若干汁気が残るぐらいで火を止めます。オーブンシート(クッキングシート)に取り、粒が重ならないように広げます。 [3] 2を500wのレンジで1分加熱します。粗熱を取った後、冷蔵庫で2~3分冷やします。 [4] 3にグラニュー糖と粉砂糖をまぶして出来上がり~♫ ■コツ・ポイント ラム酒が苦手な方は無くてもOKです。 ■このレシピの生い立ち ボンボンとは元来、ひと口サイズの砂糖菓子のことを言うのだそうです。「椿姫」に出てくるボンボンは「干し葡萄の砂糖漬け」としか説明がないので、とにかく想像して作ってみました。まだ改良の余地があるので、その①です。(笑)