バジル風味のウインナーパン♪

材料(6個分) バター風味のフランスパンの生地(A)食事系パン用使用 粉150g分 ウインナー 6本 ドライバジル 小さじ1~1.5くらい 黒胡椒、パルメザンチーズ、とろけるチーズなど好みで 適量
ハード系の生地にドライバジルをプラスしてウインナーを巻きました切込みをずらすだけで簡単ユニーク♬ 作り方 [1] バター風味のフランスパン生地の分量で生地作りします。バターを投入する時にドライバジルも入れて下さい。 [2] 一次発酵が済んだら取出して6分割にする。丸めて濡れ布巾を硬く絞って上にかけ15分ベンチタイム。 [3] 麺棒を軽く転がし生地を伸ばす。(乗せるウインナーにもよりますが10~12センチくらい。) [4] ウインナーを乗せ下から巻きあげ、綴じ目をしっかり留める。ころころとやさしく転がし安定させる。扱い難い場合は打ち粉を少々。 [5] 同じものを6個作る。 [6] 刃先を濡らしたハサミで、斜めからザクっと切り込みを入れる。(ハサミを寝かす感じで。) [7] 少しづつずらす。2次発酵する2倍の大きさになる様に。(仕上げ発酵38~40度) [8] 発酵の様子を見つつ予熱220度に発酵が終われば、霧吹きをし、パルメザンチーズと黒胡椒を振る。 [9] 200℃に落とし10分、180℃にして5~6分焼成。焼き加減はお好みで焼きムラが出来るオーブンは途中入れ替えする。 ■コツ・ポイント *バジルの量は加減して下さい。お好きな方は多めでも*⑥の切り込みは躊躇せず!ザックリと④でも書いてますが⑥⑦の作業に入る前に扱いづらかったら、打ち粉して下さい。*冷蔵から出して暫く経つとウインナーに水滴が付くので拭き取ってから使用します。 ■このレシピの生い立ち *自家製ドライバジルと特売のウインナーが沢山あったので^^*普通のウインナーパンも十分美味しいけど、せっかくなので少しだけ変化をつけました。 ーーーーーーーー バター風味のフランスパン生地*HB手捏ねの材料はこちら  ーーーーーーーー 材料(ぷちパン6個分*リスドォル*メゾンカイザートラデショナルなどの準強力粉使用) 生地 A)食事系生地 B)菓子パン生地 準強力粉 A)150g B)150g 水 A)50g B) − 牛乳 A)50g B)100g 無塩バター A)10g B)15g 砂糖 A)7g B)15g 自然塩 A)2g B)2g ドライイースト A)2g B)2g *バター クープバターに適量 ■食べ切り量なので6個で少ない場合は倍量にして下さい(12個分) ーーーーーーーー バター風味のフランスパン生地*HB手捏ねのレシピはこちら ーーーーーーーー [1] 【HB】イーストをセット。材料を入れ生地作り。生地がひとつに纏まってきたらバター投入。(7~8分後)後はHBにお任せ→ [2] HB使用の場合、工程⑨に進む [3] 【手捏ね】大きめのボールに粉を入れて中央にくぼみを作る。 [4] くぼみに砂糖とイーストを入れて塩は砂糖と離すように端の方に入れる。 [5] 35℃位に温めた仕込み水(水+牛乳)を中央をめがけて流し入れて混ぜ、生地をまとめていく。 [6] 生地がまとまったら台の上に出す。5~10分位捏ねる。 [7] バターを揉みこみ更に捏ねる。綺麗な生地になれば丸め、乾燥させ無いようにし1次発酵する。(硬く絞ったフキンを覆う) [8] 人差し指の先に粉をつけてパン生地に指を入れ、穴があいたままならOK。パン生地が戻ってきたら発酵不足、もう少し時間をおく。 [9] 1次発酵終了後、ガスを抜いて6分割にし、丸めなおす。ベンチタイム15分。 その後、丸め直し成形する。 [10] 生地の乾きに気をつけて仕上げ発酵する。(2倍弱くらい)生地の様子を見つつ天板も一緒に予熱開始。250℃~ [11] 粉を振りクープを入れる分量外のバターを挟み→霧吹きをし→250→220℃に下げて10分焼成→200℃で5分~焼成する [12] お好みの焼き色になればOKオーブンから出し、粗熱が取れたら頂きます。