ごぼうとさつま揚げの柳川風 レシピ・作り方

「ごぼうとさつま揚げの柳川風」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

ゴボウとさつま揚げの細切りを組み合わせた、柳川鍋風の卵とじです。こってりした煮汁と風味豊かなゴボウの歯ざわり、やわらかいさつま揚げとふわとろの卵がご飯に合います。おかずとしても丼ものとしてもおすすめです。ぜひ作ってみてください。

調理時間:20分

費用目安:200円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • ゴボウ 200g
  • さつま揚げ 150g
  • 2個
  • ①水 200ml
  • ①顆粒和風だし 小さじ1/2
  • ①みりん 大さじ1.5
  • ①醤油 大さじ1.5
  • ①砂糖 小さじ1
  • 三つ葉 少々

作り方

  1. 1. ゴボウは包丁の背などで皮をこそげ、ささがきにして水に5分ほど放しておきます。
  2. 2. さつま揚げは1cm幅くらいに切ります。
  3. 3. 蓋のできるフライパンや鍋に①と1、2を入れて強火で煮立て、弱火にして5分ほど煮込みます。
  4. 4. 溶き卵の半分を回しかけて蓋をし、30秒ほど煮込んだ後、残りの溶き卵も加えて、お好みで三つ葉を散らして蓋をし、火を止めて予熱でお好みのかたさに仕上げたらできあがりです。

料理のコツ・ポイント

ゴボウは皮付近が一番美味しいので、皮をむかずに表面の汚れを取る程度にするのがポイントです。たわしでこするか、包丁の背でこそげてください。ささがきは包丁で難しければスライサーで薄くスライスしてください。さつま揚げの代わりにちくわや油揚げ、厚揚げなどもよく合います。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ