2020.7.21

冬瓜の選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

夏野菜の中でもインパクトのある「冬瓜」。95%以上が水分と言われており、ずっしりと重く、見た目も大きいのが特徴です。みずみずしく、淡白でさっぱりとした味わいで、炒めても煮ても、さらに生でもおいしくいただくことができます。

今回は、そんな冬瓜の栄養素や正しい選び方をご紹介します。ぜひお買い物の参考にしてくださいね。

夏野菜なのに「冬瓜」?

「冬瓜」と表すにも関わらず、旬は6~9月と夏を代表する野菜のひとつです。 冬瓜は、切らずにそのまま置いておくと長く日持ちし、冬まで保存がきくと言われていることから「冬瓜」という名が付いたとされています。

また、同じウリ科であるきゅうりなどと同様、冬瓜は身体を冷やす効果があります。さっぱりと食べられる味わいに加え、体温を下げてくれることから、夏にピッタリの野菜と言えますね。

冬瓜の種類

冬瓜は、大きく分けて3つの種類が存在します。色味や形だけでなく、食感にも違いがあるため、お好みのタイプを見つけてみてくださいね。

琉球種

一般的にスーパーなどでよく見かける冬瓜です。緑色の皮と縦長のずっしりした形が特徴的で、表面はツルツルとしています。冬瓜は、表面に白い粉をふくと完熟の合図とされていますが、琉球種は粉をふかない品種です。

丸とうがん

丸く、表面や中が白っぽい冬瓜です。熟すと表面に白い粉をふきます。

ミニ冬瓜

重さ1~2kgほどの小さめの冬瓜です。肉厚で果肉が柔らかいのが特徴です。通常サイズの冬瓜と食味はあまり変わらないため、同様の調理方法でいただくことが出来ます。使い切りサイズで扱いやすい品種です。

主な栄養素はコチラ

冬瓜100gあたりの栄養素は以下の通りです。

-エネルギー 16kcal

-水分 95.2g

-炭水化物 3.8g

-カリウム 200mg

-カルシウム 19mg

-マグネシウム 7mg

-リン 18mg

-葉酸 26μg

-ビタミンC 39mg

※参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

人気のカテゴリ