2020.6.19

カレイの保存方法|長持ちのコツ

キメが細かく、子どもからお年寄りまで愛されている「カレイ」。低脂肪、高たんぱくな食材というだけでなく、コラーゲンや豊富なビタミン類を含んでいるので、積極的に食卓に取り入れていきたい食材です。

そんな「カレイ」のおいしさを長持ちさせる、正しい保存方法をご紹介します。

下処理が肝心

魚は、保存している間に余分な水分が出て、鮮度が落ちるだけでなく、うま味成分が流れ出してしまいます。また、劣化が早い生魚は、おいしい状態で保存するために頭と内臓を取り除いておきましょう。きちんと下処理をしておくことで、カレイのおいしい状態をキープすることが出来ますよ。

まるごと冷蔵で保存

① 下処理したカレイの内臓をよく洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

② 身から水気が出てくるため、キッチンペーパーでくるみ、その上からラップでくるみます。

③ 保存袋へ入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

切り身の場合も同じ方法で冷蔵保存することが出来ます。

冷凍で保存

① 下処理したカレイの水気を、キッチンペーパーでしっかりふき取ります。

② 1尾ずつ、空気に触れないよう丁寧にラップでくるみます。

③ 冷凍用保存袋に入れ、そのまま冷凍庫で保存してください。

鮮度をキープしたまま冷凍するため、出来るだけ短時間で冷凍するのが好ましいです。保存袋に入れたカレイを金属のバットやトレーにのせて冷凍しましょう。

下味をつけて冷凍

① 下処理したカレイの水気を、キッチンペーパーでしっかりふき取ります。

② 醤油または砂糖などお好みの調味料をカレイに染み込ませます。

③ 冷凍用保存袋に入れ、そのまま冷凍庫で保存してください。

調味料に含まれる塩分や砂糖の作用により、保存が効きやすくなります。 また、解凍してそのまま加熱すれば、味付けも簡単に仕上げることが出来ます。

正しい保存方法でカレイのおいしさをキープ!

和の食卓の定番でもある「カレイ」。淡泊な味わいで、お刺身や煮つけなど、幅広い調理法で楽しむことが出来ます。

下処理をしっかりと行うことで、カレイの上品な味をキープすることが出来ます。

クラシルでは、カレイの選び方についてもご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

参考

オリーブオイルをひとまわし

人気のカテゴリ