2022.8.3

節約メニューが知りたい!お財布にやさしくて満足度の高い“厚揚げ”レシピ5選

食べ応えのある厚揚げは、おかずに加えるとボリュームがアップして、コスパのよいおすすめ食材です。そこで今回は、厚揚げを使った「節約おかず」のレシピをピックアップしました。厚揚げチーズのベーコン巻きや、ピリ辛の麻婆厚揚げなど、すぐに試してみたくなるレシピばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.厚揚げチーズのベーコン巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

厚揚げにチーズを挟んで、ベーコンで巻いて焼きあげる、簡単でおいしい一品です。とろりととろけるチーズと塩気のあるベーコンが、厚揚げと相性抜群!ベーコンはカリカリになるように火加減を調節しながら焼いてくださいね。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめ!子どもから大人まで一緒に楽しめる味わいですよ。

材料(2人前)

  • 厚揚げ (170g)・・・1枚
  • プロセスチーズ (3枚)・・・30g
  • 薄切りハーフベーコン・・・6枚
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • ごま油・・・小さじ1.5

作り方

準備.厚揚げは余分な水分と油をキッチンペーパーで拭き取っておきます。
1.プロセスチーズは半分に切ります。
2.厚揚げは6等分に切り、中央に切りこみを入れます。
3.切りこみに1を挟み、薄切りハーフベーコンを巻き、爪楊枝で留めます。
4.中火で熱したフライパンにごま油をひき、3を入れて全体に焼き色が付くまで焼き、(A)を加えて絡め、火から下ろします。
5.爪楊枝を外し、お皿に盛り付けて完成です。

2.納豆キムチ厚揚げサンド焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

納豆とキムチを厚揚げに挟んで焼く、おかずやおつまみにおすすめレシピのご紹介です。相性のよい納豆とキムチを詰め込んだ厚揚げはボリューム満点!味つけは納豆付属のタレのみなので、とっても簡単です。お酒と一緒に召し上がる際は、お好みでラー油や七味唐辛子をプラスしてもおいしく食べられます。ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 厚揚げ・・・2枚
  • 納豆・・・1パック
  • 付属のタレ・・・1個
  • キムチ・・・30g
  • ごま油・・・大さじ1
  • 小ねぎ・・・適量

作り方
1.厚揚げを半分に切り、中央の部分に切り込みを入れます。
2.キムチを細かく刻みます。
3.ボウルに納豆と付属のタレを入れよく混ぜ合わせます。
4.3に2を入れ、混ぜ合わせます。
5.1の切り込みへ4を詰めます。
6.フライパンを中火で熱しごま油を入れ、5をこんがり焼きあげて完成です。

3.節約メニュー!ひき肉ともやしのトロトロあんかけ厚揚げ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

厚揚げがメインのおかずになる、ボリューム満点節約メニューのご紹介です。ごま油で香りよく焼きあげた厚揚げに、豚ひき肉ともやしを炒めてとろみをつけたあんをたっぷりとかけていただきます。水溶き片栗粉の量は、仕上がりのとろみ具合を見てお好みで調整してくださいね。

材料(2人前)

  • 厚揚げ豆腐 (計300g)・・・2枚
  • 豚ひき肉・・・200g
  • もやし (250g)・・・1袋
  • (A)しょうゆ・・・30ml
  • (A)みりん・・・50ml
  • (A)酒・・・50ml
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ2
    小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
1.強火で熱したフライパンにごま油をひき、厚揚げを両面に焼き目が付くまで焼き、火から下ろします。
2.1枚を4等分に切ります。
3.同じフライパンを強火で熱し、豚ひき肉ともやしを炒めます。
4.もやしがしんなりしてきたら(A)を入れて、中火で炒めます。
5.水溶き片栗粉を入れて、かき混ぜながら中火で熱し、とろみがついたら火から下ろします。
6.器に2を盛り付け、5をかけ、小ねぎを散らして完成です。

こちらのレシピは料理酒、みりんを使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。

人気のカテゴリ