2022.8.23

やわらかい”桃”の皮をツルンときれいに剥く裏技!夏にぴったりなおすすめレシピも

ジューシーな果肉と濃厚な甘さがおいしい「桃」。人気のフルーツですよね。ところで、熟してやわらかくなると形が崩れてうまくむけない…なんていうことはありませんか?今回は、やわらかい桃でもツルンときれいにむける方法をご紹介します。桃が堪能できるスイーツレシピも必見ですよ!ぜひ最後までご覧くださいね。

やわらかい桃をきれいにむく方法とは…?

みなさんは桃をどのようにむきますか?よく見るむき方は、種に沿ってぐるっと1周切り込みを入れてひねる方法です。しかし熟してやわらかくなった桃でそれをやろうとすると、ひねるときに果肉が崩れてしまうことも。

そこで今回ご紹介するむき方は、皮がついたまま8等分に切り込みを入れて、ひと切れずつ取り外していくという方法です。

それではさっそく手順を見ていきましょう!

まずは皮つきのまま、種に向かって8等分に切り込みを入れます。

このように切り込みが入ったら、つづいては種からひと切れずつ取り外していきます。

ひと切れ目は手でそっとはがすと、このようにスポッときれいに外れました。

残りの実も同様に手で外し、一部外れにくい所は種と果肉の間に包丁を入れるようにして切り離していくと…

ひとつも崩れることなくきれいに切り分けることができました!

あとは手で皮をはがすだけ!皮も破れることなくスルッとむけるのでノンストレスです。

皮を剥いてから切り分ける方法の場合、むいた部分に手が当たって実が崩れてしまいがちです。この方法なら果肉に直接触れることが少ないため、とてもきれいな仕上がりでした。

どんな桃でもきれいにむける方法!

試してみると、想像以上の簡単さときれいな仕上がりに驚きました!この方法なら、やわらかい桃だけでなく、どんな桃でもツルンときれいにむくことができそうです。まだ試したことがない方は、ぜひこの機会にやってみてくださいね。

ジューシーな桃のスイーツレシピをご紹介!

ここからは、桃を使ったおすすめレシピをご紹介します。今回は、おしゃれな見た目の絶品ゼリーをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

桃ジャムのシュワシュワ サイダーゼリー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

桃を贅沢に使った、サイダーゼリーのご紹介です。ゼラチンに炭酸水を合わせて、シュワシュワとしたさわやかな味わいに仕上げました。レモン汁や白ワインを合わせて作った風味のよい桃ジャムが濃厚な甘さでおいしく、ついつい手が進んでしまいますよ。ホイップクリームやアイスクリームをのせてアレンジするのもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

材料(3個分(200mlのグラス))

-----桃ジャム-----

  • 桃 (200g)・・・1個
  • (A)砂糖・・・70g
  • (A)レモン汁・・・大さじ1
  • (A)白ワイン・・・大さじ1
  • 粉ゼラチン・・・12g
  • 水 (ゼラチンふやかす用)・・・大さじ4
  • 水・・・100ml
  • 炭酸水・・・200ml
  • ミント (トッピング)・・・適量

作り方

1.桃は皮を剥き、果肉を種の周りから切り、粗く刻みます。
2.ボウルに水を入れゼラチンを振り入れ、ふやかします。
3.鍋に1、(A)を入れ強火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、焦げ付かないように混ぜながら15分程度煮ます。
4.汁気が少なくなりとろみが出たら、強火にして水を入れ、沸騰したら火からおろします。 5.2を入れよく混ぜ合わせ、炭酸水をゆっくり入れ、全体が混ざるように軽く混ぜ合わせます。器に注ぎ入れ、冷蔵庫で固まるまで2時間程度冷やします。
6.ミントを添えたら出来上がりです。

熟した甘い桃をおいしく味わおう!

いかがでしたか?今回はやわらかい桃をきれいにむく方法と、おすすめのスイーツレシピをご紹介しました。このむき方を覚えておけば、買った桃がやわらかくても上手にむけること間違いなし!ぜひこの記事を参考にしていただき、旬の桃をおいしく味わってくださいね。

人気のカテゴリ