2020.2.17

バナナの保存方法|長持ちのコツ|完熟したバナナは低温保存

洗ったり皮をむいたりせずに食べられる手軽さが嬉しい「バナナ」。手頃な値段で買えることもあって、ご家庭に常備している方も多いのではないでしょうか?

バナナはシュガースポットが出てくると甘みがグンと増して食感もやわらかくなりおいしいですが、一気に追熟するので、少人数のご家庭では食べ切れないこともありますよね。

そこで今回は、バナナを長持ちさせる保存方法をご紹介します。意外と知られていない保存方法に注目です!

長持ちさせるポイントは「温度」

バナナの保存に適した温度は15~20℃ですが、13.5℃以下になると追熟が遅くなるという特徴があります。この特徴を活かして保存すれば、バナナのおいしさを長持ちさせることができるんです。

■常温保存の場合
シュガースポットが出ていない場合は、直射日光が当たらない風通しのいい場所で保存しましょう。バナナが入っていた袋を外したら、バナナスタンドに吊るすのがおすすめですが、ない場合は、カーブしている部分を上にして山型におくと傷みにくくなります。(バナナのカーブ部分を下にして置くと、接触面が多くなり、房の重みで下の部分から傷んできます)

また、早く成熟させたい場合は、リビングやキッチンなど、人の出入りがある温かい場所に置いておくと追熟がすすみます。

■冷蔵保存の場合
シュガースポットが出てきて食べ頃になったら、冷蔵での保存がおすすめです。

一般的に、バナナは低温に弱いため冷蔵保存に向かないとされています。低温になると追熟が遅くなるので、早い段階で冷蔵庫に入れてしまうと甘くならなくなってしまうんです。
ですが、この性質をうまく利用すれば、ちょうどいい甘さをキープすることができますよ。シュガースポットが出てきたら冷蔵庫の野菜室に入れることで、わざと追熟を遅らせ、食べごろの状態を長持ちさせることができます。

【手順】
①お好みの状態に成熟するまで常温で置いておく
(野菜室に入れると追熟が遅れるので、甘みが少ないうちに入れてしまうと甘くなりません)
②1本ずつ新聞紙で包む
③ポリ袋に入れて口をしっかり縛り野菜室で保存する
(バナナは自らが発生する「エチレンガス」で追熟し、同じ房のバナナの追熟も早めるので、1本ずつ保存することでエチレンガスを遮断します)

冷蔵保存すると低温障害を起こして皮が黒く変色しますが、中身はきれいなままの状態を保っているのでおいしく食べることができますよ。また、新聞紙で包むことによって、変色するのを遅らせることができます。

【食べる時のポイント】
食べる際は、冷蔵庫から取り出した直後は甘みを感じにくいので、あらかじめ冷蔵庫から取り出して常温に戻しておくことをおすすめします。
夏の暑い季節には冷たくておいしいので、取り出した直後でもおいしく食べられます。

■冷凍保存の場合
冷凍保存しておくと、スムージーやバナナセーキにそのまま使えて便利です。皮をむいて丸ごとラップに包んで冷凍保存も可能ですが、使いやすくするためには、一口大の輪切りやみじん切り、ペースト状など、使う用途によって切り方を変えて保存すると使い勝手が良く、少量ずつ使うこともできます。

・輪切りにしたバナナ
⇒冷凍用保存袋に重ならないように入れて、空気を抜いて密封してから保存

・みじん切り・ペースト状
⇒冷凍用保存袋あるいはお弁当用のアルミカップに小分けして、密封容器か冷凍用保存袋に入れて保存。 または、製氷皿を使ってキューブ状に凍らせたものを、冷凍用保存袋に入れて保存。

正しく保存していつでもおいしい「バナナ」を楽しもう!

栄養素豊富で大事なエネルギー源になるバナナは、正しく保存することで、栄養素を保ったままおいしさもキープできます。

バナナはシュガースポットが出た頃が一番おいしいとされていますが、人によって好みがあるので、お好みの状態に熟してから冷蔵庫の野菜室、あるいは冷凍庫で保存しましょう。

また、クラシルではバナナの選び方についてもご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

バナナの‌選‌び‌方‌と‌栄‌養‌素‌|‌買‌い‌物‌で‌役‌立‌つ‌基‌本‌の‌「き」‌

人気のカテゴリ