2022.8.11

「すべて10分以内で作れる!」あと一品欲しい時にも便利な“副菜”レシピ5選

仕事から帰ってきて急いで夕飯の支度をする方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、主菜のほかのもう一品がすぐに作れる、便利な「副菜」レシピをご紹介します。10分で作れるハムともやしのナムルや、和えるだけで簡単なアボカドキムチ和えなど、お手軽なレシピをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.10分で作れる ハムともやしのナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ロースハムともやしを使った、10分で作れるナムルのご紹介です。シンプルな食材の組み合わせですが、鶏ガラスープの旨みとごま油の風味で、お箸が進む味わいですよ!もやしは電子レンジで加熱するのでお鍋でお湯を沸かす必要もありません。時間のないときに便利な一品ですので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • もやし・・・200g
  • ロースハム (計40g)・・・4枚
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

1.ロースハムは5mm幅に切ります。
2.耐熱ボウルにもやしを入れてラップをかけ、火が通るまで600Wの電子レンジで2分ほど加熱し、水気を切り、粗熱を取ります。
3.ボウルに2、1、(A)を入れて和え、味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.10分で簡単 鶏ひき肉と小松菜のガーリック炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

こちらも10分で作れる、鶏ひき肉とシャキシャキの小松菜を炒めた一品です。すりおろしニンニクと鶏ガラスープの素を使って、中華風に仕上げてみました。炒めものはパパっと短時間で作ることができるので、忙しい日のおかずにぴったりです。覚えておくと重宝するレシピなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 小松菜・・・200g
  • 鶏ひき肉・・・100g
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1/4
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.小松菜は根元を切り落としておきます。
1.小松菜は4cm幅に切ります。
2.フライパンにごま油、すりおろしニンニクを入れ中火で加熱し、ニンニクの香りが立ったら鶏ひき肉を入れ炒めます。
3.鶏ひき肉の色が変わったら1を入れ、中火で炒めます。小松菜がしんなりしてきたら(A)を入れ、炒め合わせます。
4.鶏ひき肉に火が通り、全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

3.トースターで こんがりツナマヨチーズ厚揚げ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

オーブントースターで焼きあげる、便利な厚揚げおかずのご紹介です。ツナ油漬けとチーズなどの材料を用意して厚揚げに挟んだら、あとはオーブントースターにおまかせ!上にものせたツナマヨと、厚揚げがこんがりとおいしそうに焼けて、食べ応えも抜群です。お酒のお供にもおすすめの一品ですよ。

材料(1人前)

  • 厚揚げ (150g)・・・1枚
  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • 玉ねぎ・・・20g
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • スライスチーズ (とろけるタイプ)・・・1枚

-----トッピング-----

  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.ボウルにツナ油漬け、1、マヨネーズを入れて混ぜ合わせます。
3.厚揚げは半分の厚さに切り、スライスチーズ、2の1/2をのせて挟みます。
4.表面に残りの2を広げ、アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで5分程こんがりするまで焼きます。
5.器に盛り付け、パセリを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。  

4.ピリッとおいしい アボカドキムチ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料はわずか4つ!シンプルですがおかずにもお酒のおつまみにもなる絶品レシピです。キムチの旨みと辛さをそのまま調味料として活用しているので、合わせ調味料を作るなどの工程もありません。クリーミーなアボカドの食感と、キムチのシャキシャキ感の絶妙なハーモニーをお楽しみくださいね。塩昆布の塩気もきいて、クセになる一品ですよ。

材料(2人前)

  • アボカド・・・1個
  • キムチ・・・100g
  • 塩昆布・・・2g
  • ごま油・・・小さじ1

作り方

準備.アボカドは種を取り除き、皮をむいておきます。
1.アボカドは一口大に切ります。
2.ボウルに1、残りの材料を入れ混ぜ合わせます。
3.器に盛り付けてできあがりです。

5.10分で簡単に レンジで大根と春雨のうま煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

10分で簡単に、大根と春雨のうま煮を作ってみませんか?調味料は焼き肉のタレだけ!おいしくちょうどよい味つけが簡単にできますよ。大根は鍋で煮ると柔らかくなるまで時間がかかりますが、電子レンジで加熱するので短い時間で仕上がります。忙しい日の夕方でも和食が食べたい、そんな日には、ぜひこちらのレシピを試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 大根・・・300g
  • カニカマ・・・6本
  • 春雨 ・・・20g
  • 水・・・100ml
  • 焼肉のタレ・・・大さじ4

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.大根は乱切りにします。
2.耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱し、一度取り出します。
3.春雨、カニカマを手で割きながら入れ、水、焼き肉のタレを加え、ラップをし、600Wの電子レンジで大根がやわらかくなるまで5分程加熱します。
4.よく混ぜ合わせたら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

10分で作れる!手軽でおいしい副菜をどうぞ

いかがでしたか?忙しい日々の中でも、ぜひ一度試していただきたいお手軽10分レシピをご紹介しました。副菜を何品も用意するのは大変ですが、パパっと短時間で作れるレシピがあれば、時間のないときにも便利ですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ