最終更新日 2020.7.27

みょうがの保存方法|長持ちのコツ|水に浸して鮮度をキープ

スッキリとした香りとシャキシャキとした食感がおいしい「みょうが」。そうめんや刺身の薬味にぴったりの香味野菜です。しかし、使い切る前にしなびてしまったり香りが飛んでしまったりと、上手に保存するのが難しい野菜でもあります。

今回は、みょうがの鮮度を長持ちさせる保存方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

水に浸してシャキシャキ食感を保つ

■冷蔵庫で保存

①深さのある保存容器にみょうがを入れる

②みょうががかぶるくらいの水を注ぎ、蓋をして冷蔵庫で保存

【ポイント】

・冷蔵庫の中は乾燥しやすいので、みょうがをそのまま入れておくとしなびてしまいます。水に浸しながら保存することで、フレッシュな食感をキープすることができますよ。

・みょうがを浸す水は、3日に1回を目安に交換してくださいね。

■カットして冷凍庫で保存

①みょうがを使いやすい形にカットする

②小分けにしてラップで包む

③冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫で保存する

【ポイント】

・使い切れないときは、冷凍保存がおすすめ!薄切りやみじん切りなど、お好みの形にカットしてから冷凍しましょう。少量ずつ小分けにしておくと、調理するときにサッと取り出せて便利ですよ。

・凍るまでにかかる時間が短いほど鮮度が長持ちするので、急速冷凍モードを使用するか、金属製バットの上に置いて冷凍庫に入れるといいでしょう。

・冷凍したみょうがは、必ず加熱調理してお召し上がりください。

正しい保存方法でみょうがのおいしさをキープしよう!

いかがでしたか?今回は、みょうがの保存方法をご紹介しました。少量ずつ使うことが多いみょうがは、どうしても余ってしまいがちですが、保存するときにひと手間かけるだけで、新鮮さを長持ちさせることができるんですよ。

クラシルでは、みょうがの選び方についてもご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

みょうがの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

人気のカテゴリ