2021.2.10

ケールの保存方法|長持ちのコツ|乾燥させない

特有の風味がクセになる「ケール」。青汁やスムージーの材料として馴染み深い葉物野菜ですよね。しかし、上手に保存しないとあっという間にしなびてしまいます。 そこで今回は、ケールの鮮度を長持ちさせる保存方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

乾燥対策が大切!冷凍保存もおすすめ

■冷蔵庫の野菜室で保存

①濡らしたキッチンペーパーでケールを包む

②ポリ袋に入れ、口を閉じる

③冷蔵庫の野菜室で立てて保存する

【ポイント】

・ケールは乾燥に弱い野菜のため、濡らしたキッチンペーパーで包んでから保存しましょう。そうすることで、葉から水分が蒸発するのを防ぐことができます。

・2~3日を目安にして、キッチンペーパーを新しいものに取り替えてくださいね。

・ケールを始めとする葉物野菜は横にすると傷みやすいので、できるだけ立てて保存しましょう。

■冷凍庫で保存

①鍋に湯を沸かして少量の塩を溶かし、ケールをゆでる

②粗熱を取り、キッチンペーパーなどを使って水気を取る

③小分けにしてラップで包む

④さらに冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存

【ポイント】

・長時間ゆですぎると解凍したときに水っぽくなってしまうので、サッと湯にくぐらせる程度でザルに取りましょう。水分が残っていると霜がつく原因になるので、冷凍する前にしっかりと水気を取ってくださいね。

・しばらく使う予定のないケールは冷凍保存しておくと便利です。

・冷凍したケールは、かならず加熱調理してお召し上がりください。

正しい保存方法でケールのおいしさをキープしよう!

いかがでしたか?今回は、ケールの保存方法をご紹介しました。ケールはキャベツやブロッコリーの仲間で一年中栽培されているので、食卓に登場させる機会をどんどん増やしたいですよね。ひと手間かけるだけで、鮮度がグンと長持ちするので正しく保存して、おいしくいただきましょう。

クラシルでは、ケールの選び方についてもご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

人気のカテゴリ