2022.8.3

市販の焼き鳥をおいしく温め直すには?すぐにマネできる簡単な方法を検証!

スーパーで手軽に購入できる焼き鳥は、電子レンジで温めるだけだとパサパサで固くなってしまいがち。そこで今回はある調味料とフライパンを使っておいしく温める裏技を検証します!検証の後には、焼き鳥を使って作れるアレンジレシピをピックアップ。おいしくて簡単に作れるレシピなので、ぜひチェックしてくださいね。

早速検証していきます!

今回はお惣菜売り場で購入してきた焼き鳥を使って検証していきます。

まず、フライパンに油をひかずに焼き鳥を並べていきます。このまま温めるだけでももちろんおいしいのですが、温め方を工夫して、さらにワンランクアップした焼き鳥を作ってみましょう。

裏技に使うのは「料理酒」!

ここで小さじ2杯の料理酒を用意します。

焼き鳥の水分が抜けないようにするため、火にかける前に、料理酒をお肉全体に回しかけてください。

フライパンを中火にかけて、料理酒が沸騰してきたら蓋をして30秒ほど蒸します。

蓋を外したら、中火のまま焼き鳥の両面を1分ずつ、少し焦げ目がつく程度まで温めてできあがりです。

料理酒を加えたことで味に深みがでて、身がプリッとジューシーな仕上がりに!フライパンで温めることで焦げ目もつき、おいしさがワンランクアップしています。

市販の焼き鳥をもっとおいしく!

今回は市販の焼き鳥をおいしく温める裏技を検証しました。料理酒のほのかな香りでおいしさがアップした焼き鳥は、最後に少し焼くことで香ばしさも加わり、絶品の串料理に変身しますよ!ぜひお試しいただきたい裏技です。

焼き鳥のアレンジレシピをご紹介!

焼き鳥のおいしい温め方とあわせて、今回は焼き鳥を使ったレシピをピックアップ!焼き鳥を串から外して丼ものとして仕上げた簡単アレンジレシピです。ぜひチェックしてみてくださいね。

焼き鳥串で親子丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

市販の焼き鳥を活用して、絶品親子丼を作ってみましょう。味つけには、白だしやみりん、ゆず胡椒を加え、だしの風味が効いたやさしい味わいに仕上げました。しっかりと味のついた焼き鳥に半熟状でふわふわの卵が絡んで、ごはんがモリモリ進むこと間違いなし!ゴロっと入った焼き鳥は食べ応えもあり、お腹も大満足の一品ですよ。焼き鳥が余ったときなどにぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • 焼き鳥 (市販の物・もも塩味)・・・1本
  • 長ねぎ・・・5cm
  • 溶き卵・・・2個
  • (A)水・・・30ml
  • (A)白だし・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)ゆず胡椒・・・小さじ1
  • 三つ葉 (仕上げ用)・・・適量

作り方

1.焼き鳥は串から外し、長ねぎは2mm幅の小口切りにします。
2.(A)を混ぜ合わせておきます。
3.鍋に2、1を入れて中火で熱し、ひと煮立ちしたら溶き卵を少しだけ残して、回し入れます。
4.3の溶き卵が半熟になったら残りの溶き卵も回し入れ、30秒ほど火を通したら火を止めます。
5.お皿にごはんを盛り4を乗せ、三つ葉を乗せたら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

料理酒のパワーでワンランクアップしたお味に!

いかがでしたか?今回は、市販の焼き鳥を料理酒を使って温める方法をご紹介しました。プリッとおいしく温められた焼き鳥があれば、おうちの晩酌も、より充実した時間になりそうですね。おすすめのアレンジレシピとあわせて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ