2021.4.15

中国ナシの保存方法|長持ちのコツ|上手に追熟

シャリっとした独特の食感とみずみずしさ、そして爽やかな風味が魅力の梨。梨といえば、日本では和梨と洋梨が有名ですが、もう一つ「中国ナシ」という種類もあるのをご存知でしょうか。

見た目は洋梨に、そして食感は和梨に似ている中国ナシ。多く出回る時期は10月~12月ですが、流通する量が少なく、お目にかかる機会はあまり多くはないかもしれません。程よい酸味と爽やかな甘みに加え、そしてジューシーな食感が楽しめるため、生食の他、缶詰や瓶詰等の加工品としてもよく使われているんですよ。

今回は、そんな中国ナシの正しい保存方法をご紹介します。旬の時期の中国ナシのおいしさをしっかりキープして楽しみましょう!

保存のポイントは「追熟」と「食べごろの見極め」

■常温で追熟

①常温で保存する

②果皮が黄色く色づき、香りが強くなって来るのを待つ

③十分に熟したら、冷蔵庫で2〜3時間冷やしてから食べる

【ポイント】

・まだ実が固く、未熟な状態の中国ナシは、常温で追熟させましょう。

・完熟したあとは傷むのが早いため、なるべく早く食べきるようにしましょう。

■冷蔵庫で保存

①乾燥しないよう、ポリ袋などに入れる

②冷蔵庫の野菜室で保存する

【ポイント】

・すでに熟しているものは、冷蔵庫で保存しましょう。

・完熟した中国ナシは傷みが早いため、なるべく早く食べきるようにしましょう。

■加工して冷凍保存

①皮をむいて食べやすい大きさに切り、水、砂糖、レモン汁を入れてやわらかくなるまで煮る

②火からおろし、冷めたら清潔な冷凍用ジッパー付き保存袋などに入れ、空気を抜いて閉じる

③冷凍庫に入れて保存する

【ポイント】

・生のまま食べきれないときには、コンポートなどに加工してから冷凍保存するのもおすすめです。

・パウンドケーキなどの洋菓子に入れたり、ヨーグルトなどにのせたり、もちろんそのまま食べてもおいしくお召し上がりいただけます。

・冷凍したコンポートは、必ず加熱してから召し上がるようにしてください。

旬の時期の中国ナシを楽しもう!

今回は、中国ナシの保存方法をご紹介しました。中国ナシは出回る時期も地域も限られていますので、もし手に入ったらとてもラッキー!上手に保存して、長くフレッシュなおいしさを楽しみたいですよね。

クラシルでは、中国ナシの選び方についてもご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

中国ナシの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

人気のカテゴリ