2021.11.25

「あと一品ほしいけれど、時間をかけたくない!」レンジで作れる副菜“きのこ”レシピ5選

あと一品欲しいけれど、副菜にはあまり手間をかけたくないとお考えの方も多いのではないでしょうか。火の通りが早い「きのこ」なら、おいしい副菜をささっとお作りいただけますよ。

今回は、電子レンジでお作りいただける副菜「きのこ」レシピをご紹介します。えのきとちくわのわさびマヨ和えやオクラとなめこのピリ辛和えなど、どれも簡単に作れて、きのこ特有の風味や歯ごたえを存分に楽しめるレシピばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.きのこのおかかポン酢和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

かつお節の風味がたまらない、きのこのおかかポン酢和えのレシピをご紹介します。ポン酢のほどよい酸味とごま油の香ばしい風味がよく合う、箸休めにもぴったりの一品です。電子レンジで加熱したあとに、水分をしっかり切ると、ポン酢の味がぼやけずおいしく仕上がりますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • しいたけ・・・6個
  • まいたけ・・・50g
  • なめこ・・・50g
  • (A)ポン酢・・・大さじ2
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • かつお節・・・2g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.なめこは流水で洗い、ザルに上げて水気を切っておきます。
1.しいたけは軸を取り、薄切りにします。
2.まいたけは石づきを切り落とし、手でほぐします。
3.耐熱ボウルに1、2、なめこを入れ、ふんわりラップをかけて、600Wの電子レンジで3分程加熱します。
4.ボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
5.3、かつお節を入れ、よく混ぜ合わせます。
6.器に盛り付け、小ねぎを散らして出来上がりです。

2.きのことピーマンのおかか和え

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

忙しい日の副菜に、きのことピーマンのおかか和えはいかがでしょうか。きのこの歯ごたえとごまの香ばしい風味がクセになる、リピート間違いなしの一品です。ほどよく残ったピーマンのシャキシャキ食感もおいしいですよ。お好みのきのこを使ってもおいしくお作りいただけますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ピーマン・・・2個
  • しめじ・・・50g
  • えのき・・・50g
  • かつお節・・・2g
  • (A)ポン酢・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.ピーマンは半分に切り、ヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは細切りにします。
2.しめじは石づきを切り落とし、手でほぐします。えのきは石づきを切り落とし、半分に切って手でほぐします。
3.耐熱ボウルに1、2を入れ、ラップをかけて600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。
4.(A)、かつお節を加え、全体に味がなじむまで和えます。
5.お皿に盛り付け、白いりごまをかけて完成です。

3.えのきとちくわのわさびマヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

歯ごたえがやみつきになる、えのきとちくわのわさびマヨ和えをご紹介します。コクがありまろやかな味わいのマヨネーズに、爽やかな辛さのわさびがよく合う一品です。副菜にはもちろん、お酒のお供にもぴったりの味わいですよ。わずか10分で完成のお手軽レシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・100g
  • ちくわ・・・2本
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)わさび・・・小さじ1.5
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、手でほぐします。
2.耐熱ボウルに1を入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで3分加熱し、粗熱を取ります。
3.ちくわは5mm幅に切ります。
4.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、2、3を加えて全体に味がなじむまでよく和えます。
5.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

人気のカテゴリ