2022.9.20

【間違い探し】このイラストに隠れた答えは全部で3つ!すべて分かったらスゴい正解は…

間違い探しです!2つの画像のどこに違いがあるかわかりますか?答えは全部で3つ!よーく見比べてみてくださいね。答え合わせのあとには、簡単スープのレシピをご紹介します。ささっと作れておいしいレシピを厳選したので、ぜひ最後まで楽しんでくださいね。

ヒントは「長さ」と「大きさ」です!気になる正解は...?

答えは、

①オタマの取手部分の長さ(上:長い 下:短い)
②フタの取手部分の長さ(上:短い 下:長い)
③一番下のブロッコリーの大きさ(上:大きい 下:小さい)

でした!全部見つけられましたか?

日本ではスープやみそ汁を「飲む」と表現しますが、英語では「eat(食べる)」 a soupと表現します。コンソメやポタージュのように具のないスープであっても、具材の旨みや栄養素がたっぷり含まれていることから、「食べ物」として扱われているそうです。国によって認識の違いがあるのは面白いですね。

簡単スープのレシピをご紹介!

ここからは、簡単に作れるスープのレシピをご紹介します。レタスと卵のふわふわ中華スープや、わかめと豆腐の韓国風スープなど、さまざまな献立に合うスープのレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.レタスと卵のふわふわ中華スープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

10分で簡単に作れる、レタスと卵のふわふわ中華スープをご紹介します。ほどよく残ったレタスの食感がたまらない、シンプルでやさしい味わいのスープです。あっさりとしているので、メインが中華の日の汁物にもおすすめですよ。溶き卵が固まってきてから混ぜるのが、おいしく仕上げるコツです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • レタス・・・60g
  • 卵・・・1個
  • お湯・・・400ml
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ1/2
  • 塩・・・少々
  • 白いりごま・・・小さじ1/2

作り方

1.レタスはざく切りにします。
2.ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐします。
3.鍋にお湯を沸かし、1を入れて中火でひと煮立ちさせます。
4.鶏ガラスープの素、塩を加えて中火で熱し、2を加えます。卵が固まってきたらかき混ぜ、火が通るまで熱し、火から下ろします。
5.器によそい、白いりごまをふって完成です。

2.わかめと豆腐の韓国風スープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごま油の香りが食欲をそそる、わかめと豆腐の韓国風スープはいかがでしょうか。わかめやしめじの旨みと食感をたっぷりと楽しめる一品です。あっさりとしていますが食べ応えがあるので、夜に小腹が空いたときにもおすすめのレシピですよ。とても簡単にお作りいただけるので、お料理初心者の方も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • わかめ (乾燥)・・・2g
  • しめじ・・・1/2株
  • 絹ごし豆腐・・・100g
  • お湯・・・400ml
  • (A)鶏ガラスープの素・・・大さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1/2

作り方

準備.わかめはたっぷりの水で戻しておきます。
1.しめじは石づきを取り、手でほぐします。
2.豆腐は一口大に切ります。
3.お湯の沸いた鍋に1、2、わかめを加え、しめじがしんなりするまで中火で加熱します。
4.(A)を加え、中火でひと煮立ちさせたら火からおろします。
5.器に盛り付け、完成です。

3.トマトかきたま汁

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

トロトロ食感がたまらない、トマトのかき玉汁をご紹介します。あっさりとした味わいで、さまざまな献立によく合う一品です。しょうゆと和風だしで味つけしたシンプルな味わいのスープに、ほどよい酸味のトマトが絶妙にマッチして、とてもおいしいですよ。少ない材料で簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • トマト・・・1個
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • 水・・・400ml
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.トマトはヘタを取り除いておきます。
1.トマトは1cmの角切りにします。
2.鍋に水と1、(A)を入れて強火にかけ、沸騰したら中火にして5分程煮込みます。
3.トマトが柔らかくなったら弱火にして、溶き卵を流し入れ、かき混ぜます。水溶き片栗粉を入れてとろみが付くまで煮たら火から下ろします。
4.器によそい、小ねぎを散らして完成です。

おいしいスープのレパートリーを広げよう!

いかがでしたか。スープの簡単レシピをご紹介しました。温かいスープを飲むと、心がほっと温まるので、和洋中さまざまな献立に合うレパートリーを持っておきたいですよね。今回ご紹介したレシピは、あと一品欲しいときにはもちろん、朝ごはんや小腹が空いたときにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

人気のカテゴリ