2022.9.5

「10分であっという間に完成!」バタバタな平日にも助かる“主菜”レシピ5選

仕事やお出かけでいつもより遅く帰ってきたときに、ささっと作れるおかずレシピがあるとうれしいですよね。今回は、10分であっという間に完成する主菜のレシピをご紹介します。豚肉とたっぷり大葉の味噌炒めや、ツナと豆腐の卵とじなど、簡単に作れて食べ応え抜群のレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね。

1.牛こま肉とキャベツのレンチン蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

時間がないときにはこれ!牛こま肉とキャベツのレンチン蒸しを作ってみましょう。旨みたっぷりの牛肉とさっぱりとしたキャベツの組み合わせがたまらない一品です。ほどよい酸味とごま油の風味が食欲をそそり、暑い日のおかずにもぴったりですよ。お酒のおつまみにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 牛こま切れ肉・・・150g
  • キャベツ・・・200g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)酢・・・小さじ2
  • (A)白すりごま・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

1.キャベツはザク切りにします。
2.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.耐熱皿に1、牛こま切れ肉を交互に並べ、2をかけごま油を回しかけます。
4.ラップをふんわりとし600Wの電子レンジで5分程牛こま切れ肉に火が通るまで加熱して完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.豚肉とたっぷり大葉の味噌炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

おかわり必至!豚肉と大葉のみそ炒めをご紹介します。コクのあるジューシーな豚ロース肉を少し甘めのみそダレで炒めると絶品!大葉の爽やかな風味が絶妙にマッチして、ごはんがどんどん進みますよ。ボリューム満点のおかずをささっと作りたい日におすすめの一品です。簡単なのでぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 豚ロース (薄切り)・・・200g
  • 大葉 (計15g)・・・20枚

-----合わせ調味料-----

  • みそ・・・大さじ1
  • 料理酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。
1.大葉は細切りにします。
2.豚ロースは5cm幅に切ります。
3.ボウルに合わせ調味料の材料を入れ、混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき2を入れ、色が変わるまで焼きます。
5.1、3を入れて、豚ロースに火が通り、全体に味がなじむまで中火で炒めます。
6.火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

3.味つけ簡単 鶏もも肉としめじのめんつゆマヨ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今夜の晩ごはんに、鶏もも肉としめじのめんつゆマヨ炒めはいかがでしょうか。ジューシーな鶏もも肉としめじの食感がクセになる一品です。コクのあるマヨネーズと旨みたっぷりのめんつゆ、塩こしょうのみで味が決まるので、あっという間にお作りいただけますよ。お料理初心者の方にもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・250g
  • しめじ・・・100g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/4
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

1.しめじは石づきを切り落とし、小房に分けます。
2.鶏もも肉は一口大に切ります。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油をひき、2を入れて5分ほど炒めます。
4.鶏もも肉に火が通ったら1を加えて中火で炒めます。
5.しめじに火が通ったら(A)を入れて中火で炒めます。
6.全体に味がなじんだら火から下ろし、お皿に盛り付けてできあがりです。

4.豚バラ肉と大根のゆずこしょう蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで簡単に作れる、豚バラ肉と大根の蒸し物をご紹介します。加熱してやわらかくなった大根に豚バラ肉の旨みがよく染みて、お箸の進む一品です。ポン酢のほどよい酸味とゆず胡椒の爽やかな風味で、さっぱりと食べられますよ。忙しい日のおかずにぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・150g
  • 大根・・・200g

-----調味料-----

  • ポン酢・・・大さじ2
  • ゆず胡椒・・・小さじ2
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1

作り方

準備.大根は、皮を剥いておきます。
1.大根は、薄い半月切りにします。
2.豚バラ肉は、2cm幅に切ります。
3.耐熱皿に、1、2を交互に並べます。
4.ボウルに調味料の材料を入れ混ぜ合わせ、3へかけます。
5.ラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱します。豚バラ肉に火が通ったら出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.10分でつくる ツナと豆腐の卵とじ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やさしい味わいにほっとする、ツナと豆腐の卵とじをご紹介します。食感の良い木綿豆腐とツナを卵でふんわりととじた、ボリューム満点の一品です。味つけはめんつゆのみですが、旨みたっぷりのツナを入れるため、ごはんにもよく合い食べ応えもありますよ。たった10分でお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐 (1丁)・・・300g
  • ツナ油漬け (オイルごと・2缶)・・・150g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 水・・・100ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・50ml

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.木綿豆腐は2cm角に切ります。
2.ボウルに卵を割り入れ、よく溶きほぐします。
3.鍋に水、めんつゆを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせます。
4.1、ツナ油漬けを入れ、木綿豆腐が温まるまで中火で煮込みます。
5.中火のまま、2を回し入れ、卵が半熟状になったら火から下ろします。
6.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

10分で作れるスピードおかずを作ってみよう!

いかがでしたか。10分であっという間に完成する主菜のレシピをご紹介しました。仕事や家事で忙しい毎日のなかで食事を作るのは大変ですが、10分で作れるスピードおかずのレシピがあれば心強いですね。今回ご紹介したレシピはどれもとてもおいしいので、ぜひお試しくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ