95℃ 免疫力を高める◎ほうれん草のナムル

ほうれん草本来の味が濃い! 低温調理なら、シンプルなサイドメニューも真に丁寧な味わい。 《材料》 ☆2人分☆ ・ほうれん草  1束(約200g) ・塩  2g(ほうれん草の1%) <仕上げ> ・しょうゆ  小さじ1 ・おろしにんにく  小さじ1/3 ・すりごま(またはいりごま)  大さじ1 ・ごま油  大さじ1
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、下限水位から大きく余裕を持たせた水量をセットする。 95℃ 0:02(2分)に設定する。 2 ほうれん草の下処理 ほうれん草の根の先(土をかんでる部分)を少し切り落とし、根元に十字に切り込みを入れる。 ※泥を洗い流しやすくし、火を均一に入れるため。 たっぷりの水に浸してほうれん草を上下させ、根元の泥を落とす。はった水に泥がなくなるまで、数回水を替えて繰り返す。 葉の部分も洗う。 3 フリーザーバッグに投入 ほうれん草を塩と共にフリーザーバッグに入れる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、フリーザーバッグが浮き上がってきやすいので耐熱性のある瓶やトングなどを使い、完全に沈める。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 ※BONIQ コンテナ、保温ルーフ、保温ジャケット:https://boniq.store/pages/bulkupcontainer (「ボニーク」で検索もOK) 5 冷水にさらす BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ほうれん草を取り出して氷水に3分さらす。 6 カットする ほうれん草を冷水から引き上げ手で絞る。この時、ギュッと握り過ぎる繊維を壊してしまうので、程よい力加減で尚且つしっかり水気を切るようにする。 約5cmにカットする。 7 仕上げ ボウルにカットしたほうれん草、調味料、にんにく、すりごまを入れて混ぜる。 お皿に盛り付けて出来上がり。 《作る際のポイント》 BONIQ後、ほうれん草を冷水にさらす時間は3分を目安にしてください。 「95℃ ほうれん草のアク抜きは可能?比較実験」の結果、BONIQ後に水にさらして3分でアクは抜け、塩が浸透したほうれん草は本来の味わいが引き出されていました。従来法の鍋で塩ゆでするよりもほうれん草の味が濃くなります。水に長くさらし過ぎると水っぽくなり、栄養分が流出するおそれがあります。 一般的なフリーザーバッグLサイズにほうれん草1束(約200g)がギリギリ入るくらいなので、量を増やす場合はフリーザーバッグを分けてください。 湯せんの中にフリーザーバッグを入れると残った空気が口の方に上がってきますので、ジップ部分を少し開けて空気を抜くと沈みやすくなります。 カットしたほうれん草をフリーザーバッグに入れてBONIQする方法でもできますが、水にさらした時に栄養分が流出するのを避けるためにカットせずBONIQしています。 「95℃ 簡単シャキシャキもやしのナムル」「95℃ にんじんのナムル」も同じ温度での調理ですので同時調理可能です(どちらも95℃ 10分)。同時調理する場合は、ほうれん草のタイマー(2分)が鳴ったら“スタート/ストップボタン”は押さずに、“時間設定ボタン”のみを操作して8分追加してください。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 ほうれん草に含まれるβカロテンは体内でビタミンAと同じ働きをする栄養素です。 ビタミンAは免疫力を高めたり、肌の環境を保つ働きを持つ栄養素なのですが過剰に摂取すると、肝臓に貯蔵されて肝障害などの副作用をおこすおそれがあります。 しかし、βカロテンの形で摂取すると、β-カロテンは体内の必要性に応じてビタミンAに変わることから、ビタミンAの供給源としてのβ-カロテンの過剰はないといわれています。 ビタミンAは主に動物の肝臓に多く含まれており、レバーなどが好きで毎日食べる方は要注意。 ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜からβカロテンを積極的に摂取することをおすすめします。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html