85℃ 健康維持の味方◎簡単まろやか 玉子豆腐

卵の風味がぎゅっと凝縮された、濃厚な味わい。 材料4つ、簡単なのにまろやか美味。 《材料》 ☆4人分☆ ・卵  3個 ・だし汁  150cc ・みりん  大さじ1/2 ・塩  少々
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット BONIQの水位がアルミパウンド型の8分目にくるよう、水量を調整する。 (空のココットなどを鍋の底に逆さに置いて底上げをし、高さを調整する) 85℃ 0:25(25分)にセットする。 2 卵液を作る すべての材料をボウルに混ぜ合わせて、濾す。 3 型に流し込む アルミパウンド型に卵液を流し入れ、上からアルミホイルを被せる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に到達したら卵液の入ったアルミパウンド型を投入し、低温調理をする。 この時、アルミパウンド型の8分目に水位がくるようにする。 5 冷却する BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらアルミパウンド型を取り出し、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。 6 仕上げ アルミパウンド型からたまご豆腐を外し、皿に盛り付けて出来上がり。 《作る際のポイント》 今回使用した型は縦7.5cm、横15cm、高さ4.5cmのアルミパウンド型ですが、ココットなどの耐熱容器でも問題ありません。どちらの場合でも、型の8分目の高さまでBONIQの下限水位がくるように、鍋底にココットなどを置いて高さを出すようにしてください。 そのままでも充分に味がついていますが、お好みでだし汁やめんつゆ(適量を薄めたもの)に山葵を添えても、美味しく召し上がれます。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 卵豆腐を作るには蒸し器が必要なイメージが強いので実際に作ったことがある人は少ないのではないでしょうか。 スーパーでも安価で購入できる卵豆腐ですが、自分で作ってみるともっと安く、もっと美味しく作ることができますよ。 出来立ての温かくてフワフワした卵豆腐は絶品です。 卵は「完全栄養食」と呼ばれているほど栄養価が高い食品です。タンパク質だけでなくビタミン、ミネラルといった様々な栄養素がバランスよく含まれているのが特徴です。 コレステロールが多く含まれているという印象も強い卵なのですが、食品から摂取するコレステロールが血液中で悪さをするという科学的根拠はありません。それ以上に、卵に含まれている栄養素「コリン」は、脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らす働きがあります。 卵自体も安価なうえ、鉄分やカルシウムが手軽に摂取できる卵は健康維持のための強い味方です。 低温調理器を使ってより美味しいレパートリーを増やしてみませんか。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html