下ごしらえが簡単!恵方巻き

こんにちは☁ もうじき節分ですね。 皆様が健康で幸せに過ごせますように。 節分といえば恵方巻き!! 最近では、具材がバラエティー豊かで見ているだけでも楽しくなりますね。 今日は、恵方巻きをご自宅で作られる方へ参考になれば!と思い下ごしらえを簡単に、そして巻き方のご紹介です。 【下ごしらえが簡単!恵方巻き】 〈材料・4本分〉 ・お米 2合 ・だし昆布 1枚 ・殻付き海老 12尾 ・きゅうり 1本 ・焼き穴子 4本分 ・お刺身用の切り身 4本分 ・大葉 8枚 ・カニかま 4本(ロングタイプ) ・サラダ油 少量 ●卵 3個 ●水 大さじ3 ●白だし 大さじ1/2 ●砂糖 小さじ1/2 ★水 500cc ★塩 ひとつまみ ★鷹の爪 1/2本 ★酒 大さじ1 ★醤油 大さじ3 ◎酢 100cc ◎砂糖 大さじ6 〈作り方・調理時間60分・炊飯する時間を除く〉 ①お米はといで2のメモリまで水を入れ、だし昆布を加えて炊飯する。 ◎を混ぜ合わせる。 ②★をフライパンに入れて中火にかける。 殻付き海老は真ん中辺りに竹串を入れて背わたを取り、尻尾から真っ直ぐ竹串を刺す。 ③★が沸騰したら竹串にさした殻付き海老を入れて、 中火で2分ゆでてザルに上げて冷まし、竹串を抜いて殻をむく。 ④●を混ぜ合わせ、卵焼き器でだし巻き卵を作り、1cm角の棒状に切る。 ⑤きゅうりは洗ってヘタを取り、縦4等分に切る。 焼き穴子は、きゅうりと同じ幅に切る。大葉は茎を取る。 ⑥カニかまはフィルムをとる。お刺身用の切り身は、穴子と同じ幅に切る。 ⑦ご飯が炊けたら飯台に入れて、◎をかけながらしゃもじで切るようにして混ぜ合わせて粗熱を取り、4等分にわける。 ⑧まきすに海苔を置き、⑦の酢飯の1/4を置き、海苔の上を2cm程あけて広げる。 ⑨⑧の酢飯の真ん中よりやや下の辺りに、大葉、穴子、お刺身用の切り身、きゅうり、カニかま、だし巻き卵、ゆで海老の順にのせる。 ⑩具材を押さえながら巻いていき、巻けたらラップに包む。乾燥防止 〈コツ・ポイント〉 ・お刺身用の切り身は鯛を使いましたが、お好みのものでも作ってみて下さいね。 ・③の工程ではアクが出ますので、取り除きながらゆでて下さいね ・海苔はザラザラした面を上に向けて置いて下さいね ・酢飯は1本辺り180gになります