手巻きずし

炊きたてご飯やトマトを使った人気の主食レシピです。 ■調理時間 30分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 651kcal ・たんぱく質 21.1g ・塩分 2.3g ・野菜摂取量 126g ■材料(3人分) ・炊きたてご飯 400g [A]米酢 1/4カップ [A]砂糖 小さじ4 [A]「瀬戸のほんじお」 小さじ2/3 ・トマト 1個 ・モッツァレラチーズ 1/2個 ・バジルの葉 6枚 [B]青じそ 10枚 [B]松の実・ローストする 20g [B]にんにく・ザク切り 1かけ [B]パルメザンチーズ 20g [B]「AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン」 大さじ3 ・たい(刺身) 60g ・「瀬戸のほんじお」 少々 ・こしょう 少々 ・貝割れ菜 1/2パック ・レモン 少々 ・「AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン」 大さじ1/2 ・牛肩ロース薄切り肉 100g ・「瀬戸のほんじお」 少々 ・こしょう 少々 [C]しょうゆ 大さじ1/2 [C]砂糖 大さじ1/2 [C]「AJINOMOTO 濃口ごま油」 大さじ1/2 [C]「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1(5g) [C]いり白ごま 小さじ1 ・「AJINOMOTO 濃口ごま油」 大さじ1/2 ・のり 適量 ・レタス 適量 ・サンチュ 適量 * 「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1は、チューブで8cm(約5g)です。
■つくり方 (1)ご飯はかために炊き、合わせておいたAを回しかけ、すし飯を作る。 (2)カプレーゼを作る。トマト、チーズは6等分の輪切りにし、バジルは葉を摘み取る。器にトマト、チーズ、バジルの葉の順に並べる。 (3)青じそのジェノバソースを作る。フードプロセッサーにBを入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせる。 (4)たいのカルパッチョを作る。たいは薄いそぎ切りにして並べ、上から塩・こしょうをふる。 (5)器に貝割れ菜を敷き、上に(4)のたい、薄切りにしたレモンを交互に並べオリーブオイルを回しかける。 (6)牛肉の四川風を作る。牛肉はひと口大に切り、塩・こしょうをふって混ぜ合わせておいたCをからめる。 (7)フライパンをよく熱し、ごま油を加え、(6)の牛肉を手早く炒める。器にレタスなどを敷いて盛り、ごまをふる。 (8)のりに(1)のすし飯をのせ、好みの(2)、(5)、(7)の具を巻く。(2)のカプレーゼには(3)の青じそのジェノバソースをかけていただく。