野菜の生春巻き焼きパプリカソース

材料(3本分) レタス 1/8個 にんじん 1/4本 きゅうり 1/2本 紫キャベツ 1/8個弱 大葉 3枚 しっとり鶏胸肉(レシピ ダイエット中にも!しっとり鶏胸肉の棒棒鶏 参照) (適量) ライスペーパー 3枚 ■黄パプリカソース 黄パプリカ 1個 りんご酢 大さじ1 100%りんごジュース 大さじ1 塩麹 大さじ1 ■赤パプリカソース 赤パプリカ 1個 100%りんごジュース 大さじ3 味噌 大さじ1 柚子胡椒 小さじ1/2〜1/3
じっくり焼いて甘味を引き出したパプリカの2種のソースで食べる生春巻きです。甘味料、オイル不使用なのでダイエット中にも! 作り方 [1] パプリカは縦半分に切ってヘタと種を取り除く。 [2] パプリカを皮目を上にして220℃に温めたオーブンで30〜40分焼く。皮に焦げ目が付くまで焼く。 [3] パプリカが焼けたら冷水に取り皮を剥く。 [4] フードプロセッサーに焼いた黄、赤それぞれのパプリカと調味料を入れて滑らかになるまで撹拌して黄、赤パプリカソースを作る。 [5] レタスと紫キャベツは千切りにして冷水でシャキッとさせて水分を切っておく。 [6] にんじん、きゅうりは細切りにして冷水でシャキッとさせて水分を切っておく。 [7] 大葉は1枚を縦半分に切る。 [8] ライスペーパーを水にさっとくぐらせるか霧吹きで水をかけて戻す。 [9] ライスペーパーの上に半分に切った大葉2枚を並べて切った野菜、しっとり鶏胸肉を乗せて巻く。 [10] 生春巻きを3〜4等分に切りお皿に盛り付ける。 [11] パプリカソースを添える。 ■コツ・ポイント 生野菜のサラダも形を変えると飽きずに食べられると思います。パプリカソースは余った場合は2〜3日で使い切ってください。ドレッシングやカルパッチョのソース、鶏もも肉のソテーにも! ■このレシピの生い立ち 脂肪燃焼スープダイエット 野菜を食べる日用のメニューです。しっとり鶏胸肉 (レシピ ダイエット中にも!しっとり鶏胸肉の棒棒鶏 参照)を加えてボリュームアップしても◎家族用、普通食用にはサーモンやクリームチーズなどをプラスしても! ーーーーーーーー ダイエット中にも!しっとり鶏胸肉の棒棒鶏の材料はこちら  ーーーーーーーー 鶏胸肉 1枚 お好みのハーブソルト 適量 酒 大さじ2 砂糖(無くてもオッケー) 小さじ1 トマト(きゅうりやセロリでも) 2個 大葉 5〜6枚 ■ごま生姜タレ 味噌 大さじ1 すりごま 大さじ2 りんご酢 大さじ3 はちみつ 大さじ1 しょうがすりおろし 大さじ1 ーーーーーーーー ダイエット中にも!しっとり鶏胸肉の棒棒鶏のレシピはこちら ーーーーーーーー [1] 鶏胸肉は皮を剥いでお酒をふりかけて砂糖、お好みのハーブソルトを擦り込み10分ほどおく。ハウスのセロリ塩を使っています。 [2] ジッパー付き保存袋に鶏胸肉を入れて空気をしっかり抜いてジッパーを閉じる。 [3] たっぷりの水に袋ごとつけるかストローで空気を抜くことで真空に近い状態になり肉の保水力が上がりしっとり仕上がります [4] 大きめのお鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させる。 [5] 沸騰したら袋ごと鶏胸肉を入れて再沸騰したら蓋をして一呼吸おいてから火を止めて蓋をしたまま完全に冷めるまでおいておく。 [6] 鶏肉が浮いてこないように、完全にお湯の中に浸かるように上からお皿を乗せてください。 [7] タレの材料を混ぜ合わせておく。 [8] 鶏胸肉が完全に冷めたら手かフォークでさく。前日に鶏胸肉の調理をして冷蔵庫で冷やしておいてから食べる直前にさいても! [9] 大葉は細切りにする。 [10] トマトを薄切りにしてお皿に並べてる。きゅうりやセロリの薄切りでも! [11] さいた鶏胸肉をトマトの上に乗せてタレをかけて大葉をトッピングする。