料亭風 究極のうなとろ丼

ただでさえ美味しい鰻を、パワーアップ❗️ 長芋より山芋が、やっぱり美味しい❗️ おくらとうずらの卵で、栄養満点❗️ 三つ葉を少し工夫すれば、料亭風に❗️ 究極のうなとろ丼を、お楽しみ下さい。 🌸とろろと、鰻の加熱ポイントを伝授🌸 これで、究極のうな丼に近づきますよ。 ⭐️とろろのポイント⭐️ ⚫︎すり鉢を用意して下さい。 内側にある細い溝ですりおろすので、 きめ細かく滑らかか食感になります。 ⚫︎山芋をすり鉢の溝に当てながら、 円を描くようにすりおろします。 ⚫︎すりおろしたとろろを、 すりこぎで良くすり混ぜます。  ⭐️鰻の加熱方法のポイント⭐️ ⚫︎鰻の表面には、ドリップで出来る臭みが あります。これを、冷水で流します。 ペーパーで、軽く水気を拭きます。 ⚫︎お酒を振りかけて、軽くラップをします。  電子レンジ500Wで、1分30秒から2分加熱。 あまり加熱しすぎると、パサつくので注意。 🌸是非究極のうなとろ丼を、        お楽しみ下さいませ🌸 ⭐️材料⭐️ ご飯:400g うなぎ:1匹 山芋:300g おくら:2本 三つ葉:6本 うずらの卵:2個 刻み海苔:ふたつかみ お酒:大さじ3 だし醤油:適量 ⭐️作り方⭐️ おくらと三つ葉は、さっと茹でる。 丼にご飯をよそい、タレを半分かける。 刻み海苔を乗せる。 ご飯の上にうなぎを乗せて、 たれの半分をかける。 たっぷりのとろろをかける。 おくら、三つ葉、うずらの卵を乗せる。 だし醤油をかけて、お召し上がり下さい。 🌸材料と作り方は、3ページを見て下さい🌸 📝気軽にコメントして下さいね📝