食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
グリーンレーズンとアプリコットのライ麦パン レシピ・作り方

グリーンレーズンとアプリコットのライ麦パン レシピ・作り方

フォロー
材料(3~4人分) 強力粉 180g ライ麦全粒粉細挽(ヴァンガーラント) 60g モルトパウダー 小さじ1/2 グラニュー糖 15g 塩 4g 無塩バター 10g 水 150ml インスタントドライイースト 小さじ1 ドライ グリーンレーズン 60g ドライ サルタナレーズン 60g ドライ アプリコット 30g オレンジキュラソー (漬け込み用) 大さじ2 ライ麦全粒粉細挽 (成形用) 小さじ2
作り方 [1] グリーンレーズンとアプリコットは、さっと湯通ししてキッチンペーパーで水気を除く。アプリコットは5mm角位に切りそろえ、レーズンと合わせておく。 [2] レーズンとアプリコットをオレンジキュラソーに漬ける。できれば一晩以上、漬け込むと風味が増して美味しいです。私は冷蔵庫で5日間漬けこみました。 [3] ドライフルーツ類は使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり取り除いておく。 [4] ホームベーカリーのパンケースに強力粉、ライ麦粉、モルトパウダー、グラニュー糖、塩、イースト、バター、水を入れ、生地作りコースでパン生地を捏ねる。 [5] ホームベーカリーの「捏ね」の工程から「発酵」に入った直後にパンケースから生地を取り出し、生地を手で押し広げ、レーズンとアプリコットを生地全体に広げ、ムラなく混ぜ込む。 [6] 混ぜ込む際はレーズンを潰さないように気をつけてください。何度かたたき捏ねを加えるとまとまりやすくなります。生地に具材が均等に混ざったら、生地を張らせながら丸める。 [7] 耐熱ボウルに生地を入れる。ラップをふんわりかけ、オーブンで一次発酵させる。目安:40℃で50分~ [8] 一次発酵完了の見極めは生地の大きさが約1.5~2倍くらいに膨らんでいたらOKです。 [9] 一次発酵後、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、3分割する。それぞれの生地を張らせながら丸める。かたくしぼったぬれ布巾をかけ、ベンチタイム10分。 [10] ベンチタイム終了後、生地のとじ目を上にして置き、手のひらで軽くたたき、ガスを抜く。直径12cm位の円形に広げる。 [11] 手前から巻き、長さ15cmくらいのドッグ形にする。 [12] ラップに成形用のライ麦粉を広げ、生地の表面にライ麦粉をまぶしつける。とじめにはライ麦粉がつかないように注意する。生地のとじめを下にして、オーブンの天板に並べる。 [13] 並べた生地の上に ふんわりとラップをかけ、その上に かたくしぼった、ぬれ布巾をかけて、オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。目安:40℃で35分 [14] 二次発酵完了の目安は生地の大きさが約1.5倍に膨らめばOKです♪オーブンの予熱中も発酵が進むので過発酵に注意! [15] 二次発酵後、生地の表面に茶こしで少量のライ麦をふり、クープナイフで斜めにクープ (切込み) を入れる。 [16] 220℃に予熱したオーブンで、21分焼く。 [17] 焼成後、ケーキクーラーに移し、粗熱をとる。 [18] オーブンの種類・使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミホイルをかけて残り時間を焼いてください。 [19] 使用したモルトパウダーは富澤商店(TOMIZ)のものです。リーン生地に使用すると、焼き色が良くなったり、クラストがパリッパリッに香ばしく焼けます。食感も味も本格的なフランスパンに変身♪ きっかけ 「見た目が損していないレーズンパン」を作りたくて作りましたwww おいしくなるコツ ドライフルーツの甘みが強いので何もつけなくても美味しくいただけます。モルトパウダーの効果でクラストはパリッと香ばしいです。クラムはふんわりと軽い食感です。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画