食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼
もう一度最初から見る
1/10

めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼

いいね:7
保存:12
【めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼】 _____________________________ 旬の野菜のおいしい食べかたや 季節の手しごとを投稿しています _____________________________ 今日から大寒(だいかん)。 1年で最も寒い時期です。一方で、草花は春に向けて少しずつ動き出していて、春を感じる瞬間もあります。 大寒に食べるものといえば「大寒卵」が有名です。鶏が寒さに耐えようと餌をたくさん食べるのに対し、たまごを産む回数は減るので、たまごに栄養がギュッと凝縮され、濃厚になるんだそうです。 たまごのおいしさをたのしめるメニューといえば親子丼! たまごをとろとろに仕上げるコツは2つ。 ・たまごを軽く溶くこと。 ・たまごを2回に分けて加えること。 詳細は調理のポイント参照ください ↓↓↓ _____________________________ 【めんつゆでかんたん!とろとろ親子丼】 _____________________________ ■材料:2人分 【食材】 鶏もも肉…200-250g(小さめ1枚) 玉ねぎ…100g(1/2個) たまご…3個 ごはん…茶碗2杯 (お好みで)みつば、小ねぎ、大葉…適量 【下味】 醤油、酒…大さじ1/2 【煮汁】 ●水…100ml ●めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ3 ・ \ちゃんと作りたい方向け/ いつもはめんつゆでぱぱっと作ってしまうけど、お正月の昆布とか余っていたらだし汁をとって作るのもおすすめ! 【煮汁】 昆布だし…100ml 砂糖…大さじ1/2 みりん、酒…各大さじ1 醤油…大さじ2(しっかりめな味付けにするなら大さじ2と1/2) _____________________________ ■作り方 【1】下ごしらえ みつばは食べやすい長さに、たまねぎは薄切りにする。鶏肉は2cm角に切り、醤油、酒(各大さじ1/2)をもみこむ。 【2】煮る フライパンに煮汁を入れ、ひと煮立ちしたら、鶏肉と玉ねぎを加え、ふたをして4分煮る。 【3】たまご溶く ボウルにたまごを割り入れ、さいばしで、白身が少し残るくらいに溶く。 【3】仕上げる 鶏肉に火が通ったら、たまごの2/3を加え、ふたをして、弱火で30秒加熱する。たまごが固まってきたら、残りのたまごを加えて火を止め、ふたをして、30秒-1分蒸らす。器にごはん、具を盛り、みつばをのせて完成。 _____________________________ ■調理のポイント ・たまごをとろとろに仕上げるコツは2つ たまごは白身が残る程度に軽く溶くこと たまごを2回に分けて加えること ・たまごを軽く溶く理由 たまごは黄身が70度で固まるのに対し、白身は80度にならないと固まりません。この温度差があるから、たまごはおいしい半熟状態になります。たまごをよく溶いてしまうと、温度差が生じないので、おいしいとろとろにはなりません。 ・たまごを2回に分けて加える理由 たまごを一気に加え、とろとろに調整するのは難易度が高いです。煮汁に対して加えるたまごの量が多すぎるので、一気に温度が下がり、この状態で加熱すると、一部に火が入りすぎて一部は完全に生、という状態になりやすいです。2回に分けて加えると、最初に加えたたまごが温まったあとに2回めのたまごを加えるので、全体にじんわり火が入り、いい感じの半熟になります。 _____________________________

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画