おからレーズンブレッド レシピ・作り方

材料(8個分人分) 強力粉 200g 砂糖 20g 塩 3g 水 110ml 卵 30g 生おから 50g 無塩バター 20g スキムミルク 大さじ1 インスタントドライイースト 3g *** 混ぜ込み用 *** ドライミックスレーズン 90g ラム酒 (漬けこみ用) 大さじ2 *** 焼成用 *** クリスタルシュガー (グラニュー糖) 適量 ぬり卵 適量
作り方 [1] レーズンは ぬるま湯で丁寧に洗い、コーティングオイルやゴミを落とす。水切り後、ペーパータオルで水分をふきとる。 [2] レーズンをラム酒に漬ける。できれば、一晩以上、2~3日漬けこむと風味が増して美味しいです。使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり取り除いておく。 [3] 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずにレンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。 [4] ホームベーカリーのパンケースにラム酒漬けレーズン以外の材料を入れ、生地作りコースでパン生地を捏ねる。 [5] 生地の捏ね上り直後にパンケースから生地を一旦、作業台に取り出し、生地を広げ、ラム酒漬けレーズンを混ぜ込み、丸くまとめる。 [6] 生地をホームベーカリーのパンケースに戻し、最後まで発酵させる。この作業は手早くしてください。手間はかかりますが、ラムレーズンは手で混ぜ込んだ方がキレイに仕上がります。 [7] 生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、正確に計量して8分割する。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。 [8] 丸めた生地に かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。 [9] ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。生地のとじめを下にして、オーブンの天板に並べる。 [10] 生地の上から ふんわりとラップをかけ、その上にかたくしぼったぬれ布巾をかぶせオーブンで二次発酵させる。( 40℃で35分~ ) [11] 二次発酵後、生地の表面にハケで薄く卵をぬり、ハサミで十字の切込みを入れ、クリスタルシュガー (グラニュー糖)を散らす。 [12] 190℃に予熱したオーブンで 13分焼く。途中、焦げそうになったらアルミホイルをかぶせてください。 [13] 焼成後、ケーキクーラーに移し、粗熱をとる。 [14] オーブンの種類・使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミをかけて残り時間を焼いてください。 [15] ドライレーズンは戻さずそのまま使用すると、パン生地の水分を吸い取ってしまい、パン生地がパサパサになるので、必ず、下準備をしましょう。 [16] トッピングシュガー (クリスタルシュガー)はグラニュー糖より粒子が大きく、焼菓子やメロンパン等のトッピングに最適です。 きっかけ ダイエット中にレーズンパンが食べたくなったので、おから入りの生地で作りました。パン生地に おからをたっぷり配合しているので腹持ちもいいです おいしくなるコツ ドライフルーツはオイルがコーティングされていない場合でも同じく処理してください。ぬるま湯で洗うことで、ドライフルーツがふっくらと戻ります。