食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】玉ねぎのおひたし

【野菜ひとつ】玉ねぎのおひたし

フォロー
いいね:1
保存:3
■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、玉ねぎをおひたしでいただくレシピをご紹介します。 玉ねぎはさっとゆでて、おひたしにしてもとてもおいしくいただけます。甘味調味料を加えなくても、驚くほど自然な甘味たっぷりの味わいに仕上がります。 しっかりと冷やしてあっさりといただきます。暑い日や食欲の無い時にも食べやすい一品です。 玉ねぎをさっとゆでて、水にさらしてから材料と和えます。一度ゆでることでしっかりと苦味と辛味が抜けますので、生のオニオンスライスやスライサーを使うことが苦手という方にもぜひおすすめします。火を通すことで殺菌もできますので、作り置きとしての日持ちも良くなります。

材料

(4人分)
  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ)
    2個(200~300g×2)
  • ■合わせ調味料 だし汁
    200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素
    小さじ1/2
  • しょうゆ※
    大さじ2(30ml)

手順

  • 【1】玉ねぎをゆでるお湯(2個で2リットル目安)を沸かし始めます。
  • 8人分を作る場合は、5リットル程度の大鍋を用意するとよいです。
  • たっぷりのお湯を使うことで、玉ねぎの加熱を短時間に留めます。
  • 【2】玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って5mm幅程度(人差し指の幅の1/3目安)に切ります。
  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • 【3】お湯がしっかりと沸騰したら強めの中火にします。
  • 【4】手順2の玉ねぎを全部入れます。
  • 菜箸を使い、玉ねぎが熱湯に全部浸かるようにしましょう。
  • 【5】2~3分ほどして全体がしっかりと沸騰してきたら、ざるに上げて水にさらして冷やし、ざるに上げておきます。
  • 玉ねぎが煮えすぎてしまうため、水にとって冷やします。水にさらして冷やすことで、玉ねぎの煮え過ぎによって食感や味が損なわれることを防ぎます。
  • 暑い時期や、暖房がきいた場所であれば、水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。栄養価が流れ出ないように、水にさらす時間は2分以内にしましょう。
  • 【6】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。
  • 【7】玉ねぎの水気をぎゅっと絞ります。
  • 両手を使ってしっかりと絞りましょう。
  • 【8】手順6の合わせ調味料のボウルに入れ、全体をよくほぐしながら和えます。
  • 菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
  • 【9】保存します。
  • 保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
  • 出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、あっさりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 玉ねぎは皮ごと半分に切ってから上下を切り落とし、下側から皮をむくと比較的むきやすいです。 暑い時期や暖房がきいた場所であれば水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。栄養価が流れ出ないように水にさらす時間は2分以内にしましょう。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすとあっさりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント いただく際に添えておいしい具材:かつお節/いりごま/すりごま/刻みのり/しょうがすり下ろし/大葉(千切り)/とろろ昆布 お弁当に詰める際は水気をよく切ってから詰めましょう。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画