もっちり☆レーズンパン・編みパン

材料(2本分) 強力粉 350g インスタントドライイースト 5g グラニュー糖 50g 塩 7g 水 105g 牛乳 105g 無塩バター(常温) 40g レーズン 130g 塗り卵 適量 ■予熱・焼成 予熱 220℃ 焼成 200℃22分 ■こね機 キッチンエイド アルチザン3.3L型式9KSM3311XIC
もちもちした歯切れのいいレーズンパンです。甘みもあっておやつにもおすすめ♪バター先入れのオールインワンミックス法です! ふんわり軽いパンも美味しいですが、もちもちの食べ応えのあるパンも満足感があって美味しいですよ♡ぜひ作ってみてください^^ 🎞動画➜ https://youtu.be/1nlsSFR8dyE ▶️YouTubeチャンネルはプロフィールから ▶作り方 【準備】 1.レーズンはぬるま湯に15分ほど浸した後、ザルにあげて、キッチンペーパーで水気をよくふき取っておきます。 ※レーズンを柔らかく湯戻しすることで、レーズンがパン生地の水分を吸うのを防ぎます。 2.バターはあらかじめ常温で柔らかくしておきます。 【パン生地・1時発酵】 1.強力粉、イースト、砂糖をボウルに入れてぐるぐる混ぜたら、塩も追加して混ぜます。 2.水と牛乳を合わせて、レンジで約30℃に温めたら(600W20秒ぐらい)、8割ほど注ぎ入れます。 3.ヘラでざっくりと混ぜて、だいたいなじませたら、粉っぽいところに残りの水分を加えて、ざっと混ぜます。 4.柔らかくしたバターを入れたら、手で混ぜながら捏ねて、まとめます。 5.キッチンエイドにセットして、速度3で2分、速度4で10分、合計12分ほど捏ねます。生地がなめらかで粘りがでるまで。 6.作業台に出して、平らにしたら、上にレーズンを広げます。包み込むようにしながら捏ねて、レーズンを混ぜ込みます。 7.丸めて、油を薄く塗ったタッパー(縦長のもの)に入れます。ボウルでもOKです。 蓋(またはラップ)をして、2倍になるまで35℃で60~90分発酵させます。 【4分割して、4本の棒を作る】 1.作業台に出して、押して平らにしたら、4等分にします。 2.4等分した生地をそれぞれやさしくひっぱりながら、横長の長方形にします。必要なら打ち粉をしてくださいね。 3.奥から手前に巻きます。ひと巻きごとに生地を軽く押し付けながら巻きます。巻きおわりを軽く閉じます。 4.軽く打ち粉をしながら、転がしたり、やさしくひっぱったりして、45cmの細長い棒状にします。 【編む】(2本ずつ編むので、2つの編みパンができます) 1.1本目を右が斜め上になるように置いたら、2本目を十字の形になるように乗せます。 2.1本目の生地をクロスさせます。(右を左へ、左を右へ、の順番で) 3.左上を「右の二股の間」へ。左端を「右の二股の間」へ。 4.右端を「右の二股の間」へ。左端を「右の二股の間」へ。4番だけ繰り返します。 5.最後は軽くつまんでくっつけて、下に軽く折り込みます。2セット作ったらシートを敷いた天板にのせます。 【2次発酵・焼成】 1.35℃で約20-30分、ひとまわり大きくふっくらするまで発酵させます。約1.3倍ぐらいまで。 ※私はオーブン発酵を使用しています。乾燥防止に庫内にお湯入りの湯飲みを入れておくのがおすすめです。 2.生地を出したら、乾燥しないように、ふんわりラップなどをかけておいた方がいいです。オーブンを220℃に予熱します。 3.溶き卵を薄く塗ったら、オーブンを200℃に下げて22分焼きます。 ラックの上でよく冷まします。 ※少し温かいうちに食べても美味しいです。冷めたらビニール袋や密閉容器へ入れて乾燥を防いでくださいね! 【コツ・ポイント】 ・粘りが出てくるまで捏ねる。 ・1時発酵はじっくり発酵させる。 ・編み込みは、緩すぎずキツすぎず。