55℃ タンパク質豊富◎ふっくら 鱈のマリナーラ

しっとりふっくら、ほろほろ食感。 あっさり淡白なたらとマリナーラソースの相性は抜群◎ 《材料》 ☆3人分☆ ・生たら(厚さ2cm)  3切れ ・塩  適量 ・こしょう  適量 ・薄力粉  大さじ2 ・オリーブオイル  大さじ1 <マリナーラソース> ・にんにく  1片 ・トマト  1/2個(150g) ・玉ねぎ  1/2個(80g) ・パセリの葉  2本分 ・オリーブオイル  大さじ2 ・白ワイン  大さじ1/2 ・塩  適量 ・こしょう  適量
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、下限水位から大きく余裕を持たせた水量をセットする。 55℃ 4:20(4時間20分)に設定する。 2 たらの下ごしらえ たらの水分をペーパーでおさえ、両面に塩こしょうをして薄力粉を薄くまぶす。 3 たらの両面に焼き色をつける フライパンにオリーブオイルを熱し、強火でたらの両面をさっと焼く。 フリーザーバッグにたらが重ならないように並べて入れる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 ※BONIQ コンテナ、保温ルーフ、保温ジャケット:https://boniq.store/pages/bulkupcontainer (「ボニーク」で検索もOK) 5 ソースを作る トマトと玉ねぎは1cmの角切りにする。 にんにくは芯を取ってみじん切りにする。 パセリはよく洗って水気を切り、みじん切りにする。 フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを加える。 香りが立ってきたら玉ねぎを入れて炒める。 玉ねぎが透き通ってきたらトマトと白ワインを加え、塩こしょうで味を整える。 最後にパセリを加える。 6 仕上げ 設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。 皿に盛り付けソースをかけて、出来上がり。 《作る際のポイント》 低温調理後のたらの身はとてもやわらかく崩れやすいので、ヘラなどを使ってそっとお皿に移してください。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 「マリナーラ」とは、イタリア語で「漁師風の」という意味であり、トマトや野菜を使用したソースを漁師たちが好んで食べていたことからちなんだ名前だという説があります。 マリナーラソースに使用されているパセリには、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは骨を作るミネラルであることで有名ですね。 魚にはカルシウムが多いと思いがちですが、なんとタラには100gあたり41mg含まれている一方、野菜であるパセリには100gあたり290mgもカルシウムが含まれているのです。パセリを100gも摂取することは実質無理がありますが、少量でもカルシウム補給ができる食材ということです。 カルシウムの成人女性の摂取推奨量は1日に650mgとされていますが、統計では毎日150mg以上が足りていない慢性的な摂取不足の状態です。カルシウムの含有量が多い食材を食べることを心掛けましょう。 タラ自体は糖質の含有量が100gあたり0.2gと低糖質のお魚なのですが、調理するときにタラの表面に付けた小麦粉の分、糖質が高くなっています。糖質が気になる場合は小麦粉を付けずに調理しても良いです。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html