サバ缶で簡単竜田揚げ

市販のサバ缶を使ったお手軽な竜田揚げレシピです。 サバ缶は面倒な骨抜き作業もなく、そのまま食べられるため、火を通す必要がなく、表面がカリッとして中が温まればOK。誰でも簡単に作れます。 サバ缶は、水煮、味噌煮、醤油になどが売られていますが、今回は水煮を使いました。味噌煮や醤油煮のようにすでに味がついているサバ缶の場合、した味不要で竜田揚げができます。 【材料】 サバ缶水煮  1缶 A 醤油    大さじ1/2 A 酒    大さじ1/2 A にんにくチューブ 2センチ A 生姜チューブ 2センチ 片栗粉    適量 油      適量 【作り方】  ❶ サバは容器から出し、キッチンペーパーで水気を抑えて拭き取る。 調味料A(醤油 大さじ1/2、酒 大さじ1/2、にんにくチューブ 2センチ、生姜チューブ 2センチ)を混ぜ合わせ、水気を拭いたサバを漬ける ❷ フライパンに2センチ程度の油を熱し、片栗粉を付けたサバを並べて揚げ焼きにする。 片面がカリッとしたら裏返す。両面カリッとしたらOK。