帆立の青のりあんかけ丼

帆立貝柱(刺身)や温かいご飯を使った人気の主食レシピです。 ■調理時間 20分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 451kcal ・たんぱく質 17.2g ・塩分 2.3g ・野菜摂取量 46g ■材料(2人分) ・帆立貝柱(刺身) 120g ・酒 小さじ1/2 ・「瀬戸のほんじお」 少々 ・片栗粉 小さじ2 ・れんこん 1/2節 ・にんじん 20g ・青のり 大さじ1 ・「ほんだし」 小さじ山盛り1 [A]水 1・1/2カップ [A]うす口しょうゆ 小さじ2 [A]みりん 小さじ2 ・水溶き片栗粉 大さじ2 ・温かいご飯 400g ・いり白ごま 適量
■つくり方 (1)帆立貝柱はヨコ3等分のそぎ切りにし、酒・塩で下味をつけ、片栗粉をまぶす。れんこんはいちょう切りにし、にんじんは4cm長さの細切りにする。 (2)鍋に「ほんだし」、Aを入れて熱し、(1)のれんこん・にんじんを加えて煮る。(1)の帆立貝柱を加えてサッと煮て、青のりを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、あんを作る。 (3)器にご飯をよそい、(2)のあんをかけ、白ごまを散らす。 *帆立貝柱は刺身用を使用しているので、煮過ぎないようにしましょう。