すき焼き

♪ すき焼き 冬のあったか鍋シリーズ12日目♪ 本日が最終日です。 年末年始気分先どり😌 ♪ 地元が松阪なので昔からすき焼きの作り方には ちょっとしたこだわりがあります。 今回は松阪流の作り方で作りました。 (※お肉は松阪牛ではないですが) まずお肉を先に焼き、その肉汁を利用して野菜を焼きます。水分はほとんど足さずに煮るより焼くイメージです。 最初にお肉を焼き、お肉をいただき、その肉汁で野菜を焼き、野菜をいただくというのを少量ずつ繰り返して楽しみます☺️ 手軽にすき焼きのタレや市販の割下を使うことも多いですが、今回はきび砂糖とお醤油と昆布だしのみで味付けしました✨ シンプルな分、味が濃くならずにお肉本来の美味しさを味わうことができます! —————————————————————- 【材料】※2〜3人分 牛肩ロース薄切り  300g 牛脂        10g 長ねぎ       2本 春菊        2束 焼き豆腐      280g 白滝        300g 白菜        1/8個 椎茸        4個 きび砂糖      適量※ 醤油        適量※ 昆布だし      適量※ ※作り方の中で示します。 溶き卵       1個×人数分 【作り方】 ▼下準備 ・長ねぎは斜め切りにする。 ・春菊は3等分する。 ・焼き豆腐は食べやすい大きさに切る。 ・白滝は水気を切りキッチンバサミで2等分する。 ・白菜はざく切りにする。 ・椎茸は石づきを切り落とし飾り切りにする。 ・水に昆布を浸し、火にかけて昆布だしを準備する。   (300ccもあれば十分です) ① 鍋に牛脂をまんべんなく広げて溶かし、お肉を1枚ずつ  広げて入れ、全体にきび砂糖小さじ1杯半(1枚につき)を  まぶす。次にお醤油小さじ1杯半(1枚につき)→昆布だし  小さじ2(1枚につき)の順にふりかけて、焼き色が変わる  まで焼く。 まずお肉だけを何もつけずに味わうのもがおすすめです😉 ② 次にお肉の肉汁を利用して野菜を焼きます。野菜、焼き  豆腐、白滝を食べたい分だけ少量ずつ入れて、肉汁に絡め  ながら焼く。足りなければきび砂糖、醤油、昆布だしの順  に加えて味付けする。 ③ お肉→野菜の順で焼くことを繰り返す。  溶き卵に絡めていただきます☺️ —————————————————————— ★ひとこと きび砂糖の代わりに三温糖でも◎ 工程写真では一度に入れてしまっていますが 焼いては食べての少量ずつがおすすめです☺️