蓮根の処理法 レシピ・作り方

材料(数人分) れんこん 1節 酢 大匙2 水 3カップ
作り方 [1] <一口サイズで使用する場合>(筑前煮など)泥を洗い落とし皮を剥いて一口大の乱切りにします。酢水に5~10分浸しアク止めします。水で酢水を洗い流しざるにあげて水気をしっかり切ります [2] <大きいまま使用する場合>蓮根をきれいに洗って、穴が見えるくらいまで両端を切り落とします。皮をむきます。 [3] 酢水(水3カップに対し、酢大匙2の割合)を鍋に入れ沸騰させます。蓮根全体がたっぷり浸かる量の酢水を沸かしてください。しっかり沸騰したら①の蓮根を入れ5分茹でます。 [4] ザルに上げてお湯切りします。必ず立てて置いてしっかり水気を切って冷ましてください。穴の中に水気が残っていると水っぽくなって仕上がりに影響します。 [5] 辛子蓮根なら②の処理で皮をむかずにたわしでごしごし傷をつけた方が衣のつきがいいです。(仕上りの色をきれいにしたい場合は皮をむきます) [6] <薄切りで使う場合>蓮根の皮を剥いて輪切り/半月切りにします。酢水に5分浸けます。ザルにあげてしっかり水気を切ります。キッチンペーパーで水気をふき取ったほうがいいです。 [7] 冷凍保存下処理が終わったスライス蓮根を数枚ずつに分けてブロックが重ならないようにトレーに並べます。お弁当用や散らし寿司の飾りなど少量だけ使いたい時に便利です。 きっかけ 蓮根があったので処理しました。 おいしくなるコツ きんぴらなどシャキシャキ食感を楽しむ料理の場合は水気をキッチンペーパーなどでふき取った方がいいです。水気が残るとその分加熱時間が長くなってしゃきしゃき感が損なわれます。 ③より短めに茹でた後、スライスして冷凍してもOKです。