食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ

【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ

フォロー
いいね:2
保存:2
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、キャベツのマリネのレシピをご紹介します。 粒マスタードを使った、お子さんでも食べやすい甘酸っぱい仕上がりです。 こってりとしたおかずの付け合せにはもちろん、お弁当のおかずや朝食にも使いやすいです。 作り置き向けにキャベツをしっかりと蒸し煮にして作ります。その際、一緒に下味を付けることで味の乗りにくいキャベツにしっかりと味がしみ込み、日持ちもよくなります。

材料

(4人分)
  • キャベツ
    1/2個(600~900g目安 巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • ■蒸し煮用調味料
  • 200ml
  • 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 粒マスタード
    大さじ2
  • オリーブオイル
    大さじ2(30ml)
  • 砂糖
    小さじ4
  • 大さじ1(15ml)
  • 粗挽き黒こしょう
    小さじ1/4

手順

  • 【1】キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は使用しません。芯の形に沿って包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。
  • 【2】芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
  • 今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 【3】ひと口大(3~4cm角目安)の、ざく切りにします。
  • 3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。
  • 【4】フライパンか大きめの鍋に、切ったキャベツと蒸し煮用調味料を入れ、軽くなじませてからふたをして強めの中火にかけます。
  • 8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を使用するとよいです。
  • 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪い塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む原因のひとつになります。
  • 【5】充分に蒸気が立ったらさらに2分加熱し、ヘラで底から上下を返しふたをして再び蒸気が立つまで1分ほど加熱します。
  • 【6】ざるに上げ、粗熱が取れるまで冷まします。
  • フライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、お玉などを使って少しずつ上げるとよいです。
  • 水にさらすと水っぽい仕上がりになってしまいますので、水にはさらしません。
  • 【7】急ぐ場合はボウルに入れて、一回り小さいボウルに氷水を入れた上に置いて冷やすと10分ほどで粗熱が取れます。
  • キャベツ側に水が入ってしまう事故を防ぐため、小さいボウルで冷やします。
  • 時々底からかき混ぜるとよいです。
  • 冷めるとさらに水分が出ますので、ざるに上げるとよいです。
  • 【8】ボウルに合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。
  • 【9】手順7のキャベツの水気をぎゅっと絞ります。
  • かなりの水分が出ます。両手を使ってしっかりと絞りましょう。
  • 【10】手順8のボウルにほぐしながら入れ、よく和えます。
  • 時々菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせましょう。
  • 【11】保存します。
  • できたてでもおいしいですが、少し味が強いです。冷蔵庫で1時間以上冷やすと、口当たりよく、よりおいしくいただけます。
  • 保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 蒸し煮にしたキャベツはフライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、トングや箸を使って少しずつ上げるとよいです。 下ごしらえをしたキャベツからはかなりの水分が出ますので、両手を使ってしっかりと絞りましょう。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 できたてでもおいしいですが少し味が強いです。冷蔵庫で1時間以上冷やすと口当たりよく、よりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に和えておいしい具材:玉ねぎスライス/きゅうり薄切り/にんじん千切り/コーン/アーモンドスライス/ハム 酢の半量をレモン果汁に差し替えても。 サンドイッチの具材としても。 お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画