松前漬け

お家で簡単☆数日寝かせておいしさアップ♪ ■調理時間 30分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 89kcal ・たんぱく質 12.4g ・塩分 2.2g ・野菜摂取量 12g ■材料(10人分) ・するめ 1枚(120g) ・昆布 50g ・にんじん・小 1本(120g) ・数の子・大 3腹(200g) ・「瀬戸のほんじお」 少々 [A]酒・煮きりする 1カップ [A]しょうゆ 1/2カップ
■つくり方 (1)するめは軽くあぶって手でさくか、酒(分量外)に浸してやわらかくし、キッチンバサミなどで、約5cm長さに切る。 (2)昆布はするめの太さ、長さに合わせて切る。 (3)にんじんは約5cm長さの細切りにする。 (4)数の子は薄い塩水(立て塩)でもどし、膜を掃除して手で適当な大きさにちぎる。 (5)保存容器に(1)~(4)を入れ、混ぜ合わせたAをヒタヒタに注ぐ。残ったAはとっておく。 (6)ひと晩おくと(時間外)材料が漬け汁を吸い込むので、(5)の残ったAをヒタヒタになるまで足し、上下を返す。これを3回ほど繰り返す。 *1週間ぐらいが食べごろです。 *保存容器の大きさによって、漬け汁がヒタヒタになる量が異なります。足りない場合は、煮切り酒2:しょうゆ1の割合で作り足してください。 *数の子の塩気は完全に抜かず、ほんの少し塩気が残るくらいがおいしいでしょう。 *するめと昆布の割合は「するめ3:昆布1」、または昆布がやや少なめがよいでしょう。 *一番するめと呼ばれる最高級品は主として、長崎県五島列島で獲れる、剣先いかから作られ、するめいかから作られたものは二番するめと呼ばれています。 *するめを買う時は、天日干しの表面に粉がふいたようなものがおすすめです。 *するめを使った料理は、あぶったり松前漬けなど、酒の肴の他、中国料理では乾物の一種としてもどし、一品料理にもなっています。