牡蠣のコンフィ

材料(2〜3人分) 牡蠣 400g 片くり粉 大さじ2 ニンニク 1片 鷹の爪 2本 塩 小さじ1 黒粒胡椒 5〜6粒 ローズマリー 2〜3枝 ローリエ 2枚 オリーブ油 約100cc
低温のオイルで丁寧にゆっくり加熱するコンフィ。そのままバゲットにのせても美味しい上、いろいろアレンジメニューも楽しめます   作り方 [1] 牡蠣をザルに入れ片くり粉をまぶし手で優しく全体に絡め [2] 水をはったボウルに浸し、やさしくふり洗いする。 [3] キッチンペーパーで牡蠣の水気をしっかり拭き取る。 [4] ニンニクは皮を剥いて半分に切り潰す。鷹の爪は種を取り除き5mm幅位の輪切り(またはキッチンハサミで切る)にする。 [5] 厚手の鍋に牡蠣を並べ、塩、ニンニク、ローズマリー、ローリエ、黒胡椒、鷹の爪を入れ… [6] そこにオリーブ油をひたひたに入れ弱火にかける。 [7] あれば温度計で計り、70〜80℃を保ちながら20分加熱する。 [8] 火を止めてそのまま冷ます。 [9] 保存容器に入れ24時間寝かせたら出来上がり。 ■コツ・ポイント 牡蠣は加熱し過ぎると縮んでしまいますが、ノロウイルス等を死滅させるには中心温度が85~90度の状態で90秒以上加熱することが必要です。火加減にもよりますが目安としては表裏で8分位加熱が望ましいようです。このことを念頭におき調理しましょう。 ■このレシピの生い立ち お料理上手な方のコンフィを頂いてから、コンフィの大ファンに!牡蠣の旨みを逃さないようにしっかり加熱する…を心がけて作りました。