食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
冬瓜と鶏もも肉の煮物

冬瓜と鶏もも肉の煮物

フォロー
いいね:2
保存:4
■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、冬瓜のレシピをご紹介します。 冬瓜と鶏もも肉をとろとろに煮た、旨味たっぷりであっさりと口当たりの良い一品です。 温めてもよく冷やしてもおいしくいただけます。 下ゆでなしで手軽に作れるシンプルなレシピですので、暑い時期の主菜としてもぜひご活用くださいませ。

材料

(4人分)
  • 冬瓜
    正味600~800g(冬瓜なら1/4個、小冬瓜なら1/2個目安)
  • 鶏もも肉
    2枚(300g程度×2)
  • だし汁
    400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素
    小さじ1
  • 大さじ1(15ml)
  • しょうゆ※
    小さじ2(10ml)
  • 小さじ1
  • しょうがすりおろし
    大さじ1(3~4cm角×1片分)
  • 大さじ2
  • 片栗粉
    大さじ2

手順

  • 【1】冬瓜は種とワタをスプーンでくり抜き、扱いやすい大きさに切ってから皮をむきます。
  • ワタが気にならない方は、取り除かなくても構いません。
  • 皮は、少し緑色がうっすらと残る程度にむきます。冬瓜のクセ(皮に近い部分の舌触りや、青臭さ)が気になる方は、5mmくらいの厚さにむくとよいです。
  • 【2】4~5cm角(指3本分の幅目安)程度の大きさに切ります。
  • 【3】鶏もも肉はひと口大に切ります。
  • 鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏もも肉はキッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 血合いや黄色い脂がある場合は、雑味が出てしまいますので、取り除くことをおすすめします。
  • 白い筋がある場合は、取り除いておきましょう。加熱すると硬くなります。
  • 【4】ここまでの手順で鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。
  • 鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。
  • 【5】深型のフライパンか鍋に、合わせ調味料を入れて混ぜ合わせ手順2の冬瓜を入れ、手順3の鶏もも肉を冬瓜の上から覆うように並べ入れます。
  • 鶏もも肉を冬瓜の上から覆い被せて煮ることで、鶏肉の旨味をよりしっかりと冬瓜にしみ込ませます。
  • 【6】ふたをして強めの中火にかけます。沸騰して蒸気が充分に出たら弱めの中火にし、ふたを少しずらしてさらに10分ほど煮込みます。
  • 【7】とろみ付けの材料を混ぜ合わせます。
  • 水を先に容器に入れてから、片栗粉を入れてから溶くと、溶きやすいです。
  • 【8】冬瓜に竹串が通るまで煮えたら底から全体をかき混ぜます。
  • 【9】弱火にしてとろみ付け調味料を回し入れ、全体に行き渡るように混ぜ、全体をかき混ぜながら2~3分ほど加熱しとろみを付けます。
  • 煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが付きません。全体がもったりとするまで、しっかりと火を通しましょう。
  • 【10】保存の際は、
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。
  • 温めても、よく冷やしても、どちらでもおいしくいただけます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 冬瓜の皮は少し緑色がうっすらと残る程度にむきます。冬瓜のクセ(皮に近い部分の舌触りや、青臭さ)が気になる方は5mmくらいの厚さにむくとよいです。 鶏もも肉に血合いや黄色い脂がある場合は、雑味が出てしまいますので取り除くことをおすすめします。白い筋がある場合も取り除いておきましょう。加熱すると硬くなります。 片栗粉を溶く際は、水を先に容器に入れてから片栗粉を入れてから溶くと溶きやすいです。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと粗熱が取れます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:枝豆/オクラ/お好みのきのこ類/厚揚げ いただく際に添えておいしい具材:大葉千切り/みょうが千切り/青ねぎ小口切り/三つ葉 ご飯にかけて、丼飯としても。 そうめん、にゅうめんと合わせても。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画