柚子胡椒と胡桃のシュガーバターフランス

材料(5本) 準強力粉(なければ強力粉でも) 120g 全粒粉 30g 無塩バター 7g キビ糖(又は上白糖) 10g インスタントドライイースト 2g 自然塩 2g 仕込み水+牛乳 50+50=100g 胡桃(ローストしたもの) 30g 無塩バター(溶かしバター用) 20g グラニュー糖 多め・適量 柚子胡椒 適量
超スリムなステック型ソフトフランス生地を柚子胡椒で和テイストに♡シュガーバターの良い香り&ピリッと大人の味わい♡ 作り方 [1] 材料をセットしHBで生地を作る。捏ね開始7~8分後でバターを入れ、捏ね終わり5分前に胡桃を投入一次発酵までお任せする。 [2] 発酵が終われば5分割し丸め、とじ目を下にしてベンチタイム15分。(乾燥に気をつける) [3] 楕円に伸ばす。麺棒でもOKですが手でペタペタと簡単に広がります。 [4] 生地を巻いていき、とじ目を摘んで閉じる。 [5] 両手で逆八の字を描くように、均等に伸ばし、ステック型にする。(約35cm) [6] オーブンシートに並べ仕上げ発酵する。 [7] バターを溶かす。(レンジ又は湯せん) [8] 発酵の状態を見つつオーブン予熱230度に設定。 [9] 発酵後、良く切れるナイフで、先端を水に濡らし、数箇所、突き刺すように切り込みを入れる。(だいたい均等に7箇所開けました) [10] 開けた切込みに柚子胡椒を少しづつ押し込む様に付ける。その部分の生地を摘みくっ付ける。(生地が傷まないように注意) [11] その後、溶かしバターをたっぷり塗る側面も忘れないように。 [12] 上にグラニュー糖をたっぷりかけます。少し多いかな?くらいが焼き上がりが丁度良い感じに♪ [13] 210~220度で15分~様子を見て焼成。焼き上がりは柚子胡椒が覗いてアクセントに♡ [14] ソフトフランス生地で食べ易く、細長いのでハード系の食感も楽しめます♪ワインにもこれまた合います^^ [15] 誰でも作り易いようドライイーストでUPしてます。ホシノや自家製酵母で作っても美味です、お時間がありましたら是非♪ ■コツ・ポイント ※柚子胡椒は商品によって塩分も辛さも違います。普段使ってる銘柄や量を考慮し、ご自分の好みの適量を使用なさって下さい。チューブの柚子胡椒は適度な塩分で⑩の作業でも少しづつ絞れ使い易いです。香りが飛びやすいので⑩で生地を摘んで閉じて下さいね。 ■このレシピの生い立ち *好きなもので作ってみました生地に柚子胡椒を巻き込んだり色々試しましたが???が続き納得出来ず…コレが一番ピンポイントに味と香りが残せました*和風味なので年配の方にも喜ばれました帰省の際の手土産にしたものです。 ーーーーーーーー ホシノ天然酵母*丹沢酵母・生種の材料はこちら  ーーーーーーーー ■酵母に対して1.5倍おこし ホシノ天然酵母(丹沢酵母) 50g(100) お湯(ぬるま湯30℃) 75g(150) ■基本の割合 2倍おこし ホシノ天然酵母(丹沢酵母) 50g(100) お湯(ぬるま湯30℃) 100g(200) ーーーーーーーー ホシノ天然酵母*丹沢酵母・生種のレシピはこちら ーーーーーーーー [1] *器具や容器は煮沸消毒し清潔な瓶や容器で作ります。上記レシピ分量を計量し、ヘラやスプーン等で混ぜる。 [2] 最初はボソボソした感じ。(酵母50g+75g) [3] 容器にラップをかけて口を輪ゴムで止め、楊枝で5~6つ穴を開ける。 [4] 25℃くらいの室温で、まる1日24時間経つと発酵した香りがしてきます。 [5] 1.5~2日気泡が小さくなり舐めてみてビールのようなピリッとした味がしたら出来上がり。 [6] すぐに使えますが冷蔵庫に一晩寝かせた方が安定するようです。 [7] 出来上がった酵母生種は、どんどん発酵し続けるので必ず冷蔵庫で保存する事。目安は2週間くらいで使い切る。