90℃ エナジーチャージ◎牛肉のトマト煮込み

ほろっとやわらか、とろけるような牛肉の食感は低温調理ならでは。 おうちごはんを格上げする、コク深い濃厚リッチな味わい。 《材料》 ☆4人分☆ ・牛肩ロース(塊肉/ブロック)  520g ・にんじん  60g(可食部) ・玉ねぎ  100g(可食部) ・セロリ  40g(可食部) ・にんにく  1片 ・ローリエ  1枚 ・塩  適量 ・こしょう  適量 <A> ・あらごしトマトソース  200g ・トマトケチャップ  70g ・中濃ソース  10g ・コンソメスープ  50ml(熱湯 50ml+顆粒コンソメ 小さじ1.5) ・バター  20g <仕上げ> ・バジルの葉  適量 ・サワークリーム  適量 ・粗挽きこしょう  適量
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、上限水位最大の水量を用意する。 90℃ 5:00(5時間)に設定する。 2 野菜をカットする にんじん、玉ねぎ、セロリ、にんにくをみじん切りにする。 3 野菜ペーストを作る コンソメスープにバターを入れて溶かす。 <A>の材料をすべてボウルに合わせ、②の野菜とにんにくを加えて塩・こしょうをふる。 4 フリーザーバッグに投入 牛肉を一口大にカットしてまんべんなく塩・こしょうをふり、フリーザーバッグに入れる。 ③の野菜ペーストを加え、バッグを揉んでよく馴染ませる。 5 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 ※BONIQ コンテナ、保温ルーフ、保温ジャケット:https://boniq.store/pages/bulkupcontainer (「ボニーク」で検索もOK) 6 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。 皿に盛り付け、粗挽きこしょうをふる。小さくちぎったバジル、サワークリームを添えて、出来上がり。 《作る際のポイント》 サワークリームを加えることで、より濃厚で贅沢な味わいになります。 さっぱりとした味わいがお好みの方は、バター抜きで調理してください。 《BONIQ栄養士による栄養アドバイス》 牛肉にはビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシンのビタミンと鉄分や亜鉛のミネラルが含まれています。 ビタミンB6はタンパク質の分解や合成・脂質の代謝を助ける働きや、正常な免疫機能を維持する働きがあります。マグロやカツオなどの大型の赤身の魚や食肉の部位ではレバーやささみに多く含まれていますが、肉類の中では牛肉も多く含んでいます。(牛肉の部位によっても含まれる量が違うが、今回使用している牛肩ロース100g中に0.25㎎) ビタミンB12は赤血球がつくられる時にヘモグロビンの合成に関わるほか、ビタミンB6と同様にたんぱく質の分解や合成に関わります。(牛肩ロース100g中に1.8μ) ナイアシンはエネルギー代謝に関わるため、体内で食事から摂取した栄養素からエネルギーを産生したり赤血球をつくるときには欠かせません。(牛肩ロース100g中に3.5㎎) 鉄分は、赤血球中のヘモグロビンを構成していて、酸素を全身に供給する働きがあるため貧血の予防になります。(牛肩ロース100g中に1.2㎎) 亜鉛は正常な味覚を維持するほか、新たな細胞を作り出すときに必要な重要な栄養素です。(牛肩ロース100g中に5.8㎎) 牛肉には代謝や健康維持のために必要な栄養素がたくさん含まれているため、「体力を付けたいときには牛肉を食べよう!」とよく言われる理由も頷けますね。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html