【野菜ひとつ】ほうれん草のごまマヨ和え

■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 たっぷりのすりごまを使ったしょうゆマヨネーズのまろやかな和え衣が、ほうれん草に絡みます。 いわゆるごま和えや、おひたしが苦手という方でも食べやすい味付けです。 もうあと一品の副菜やお弁当のおかず、おつまみにもどうぞ。 ■材料(4人分) ほうれん草 2把(180~200g目安×2) ■合わせ調味料 マヨネーズ 大さじ2 しょうゆ 小さじ2(10ml) 砂糖 小さじ1 すりごま 大さじ4
■作り方 【1】たっぷりのお湯を沸かし始めます。ほうれん草2把で2リットル程度目安です。 ほうれん草の歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。 【2】ほうれん草はよく洗い、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。 特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。 切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。 根元を食べる場合、旬の時期の根元は太いですので、縦2つ~4つ程度に切っておくと食べやすいです。 【3】お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にします。 【4】沸騰したお湯に茎の部分から入れ、すぐにお湯がふつふつとなりますので葉の部分を入れて菜箸などで全部をお湯につけます。 【5】10秒ほどですぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取って水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げておきます。 「グラッとくる」という状態です。あらかじめ切っておいたほうれん草は速攻でグラッときます。 水は氷水である必要はありません。 ほうれん草はアクが強いので、たっぷりの水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。 【6】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。 大さじですりごまを量って加えてからマヨネーズを量ると、大さじからマヨネーズがきれいに離れやすいです。 全体がペースト状になるまで、しっかりと混ぜ合わせて、練り上げましょう。雑に混ぜたり、調味料を混ぜ合わせずにほうれん草と和えると、調味料とすりごまがムラになり、残念な仕上がりになってしまいます。 【7】ほうれん草の水分をしっかりと絞ります。 両手を使ってぎゅっと絞りましょう。 ゆでたほうれん草はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。 【8】手順6のボウルに、ほうれん草をほぐしながら加え、全体をほぐすようにして和えます。 菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。 【9】保存の際は、 充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。 ■作り置きのコツ・ポイント ほうれん草をあらかじめ切ってからたっぷりのお湯でゆでることで手早くゆでます。ほうれん草は速攻でグラッときますので、葉をつけたら10秒ほどでざるに上げると良いです。 ほうれん草はアクが強いのでしっかりと水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると栄養分も流れ出てしまいます。 合わせ調味料は、全体がペースト状になるまでしっかりと混ぜ合わせて練り上げましょう。雑に混ぜたり調味料を混ぜ合わせずにほうれん草と和えると、調味料とすりごまがムラになり、残念な仕上がりになってしまいます。 和える際は菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:にんじん(千切り・ゆで)/ごぼう(ささがき・ゆで)/切干大根(ゆで)/お好みのナッツ類/コーン/ハム/かにかまぼこ/ゆで卵 おつまみにしたい方へ…いただく際にかけて・添えておいしい香辛料:タバスコ/一味唐辛子/豆板醤/チリパウダー/粉チーズ 卵とじや、卵焼き、ココットの具材にも。 サンドイッチの具材にも。 お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。 https://mayukitchen.com/spinach-sesame-mayo/