食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め

ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め

フォロー
■保存期間 冷蔵1週間/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ごぼうを柚子胡椒をきかせたウスターソースで炒めるレシピをご紹介します。 ウスターソースは、トマトや玉ねぎなどのたくさんの野菜や果実と唐辛子やシナモンなどの数種類のスパイス、それに酢などを加えて熟成させた調味料です。 火を通すとスパイスたっぷりの芳醇な香りをさらに活かすことができます。 同じく果実と唐辛子を熟成させた相性抜群の柚子胡椒を加えると、さらにスパイシーに決まります。

材料

(4人分)
  • ごぼう
    大2本
  • にんじん
    1本
  • サラダ油
    小さじ2
  • 粗挽き黒こしょう
    小さじ1/4
  • ウスターソース
    大さじ2
  • 大さじ1
  • しょうゆ
    小さじ2
  • 柚子胡椒
    小さじ1

手順

  • 【1】ごぼうはたわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。
  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
  • シンクが狭い場合は、長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 【2】根元の硬い部分は切り落とし、皮ごと7~8mm幅、3~4cm長さの斜め切りにします。
  • 7~8mm幅は人差し指の半分の幅、3~4cm長さは指2本分の幅を目安にすると良いです。
  • ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合は変色を防ぐため水につけるとよいですが、必ずキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取ってから調理しましょう。油がバッシバシはねます。
  • 【3】にんじんは縦4つに切ってから皮ごと7~8mm幅、3~4cm長さの斜め切りにします。
  • 【4】合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。
  • ごぼうとにんじんを炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しないように対応しましょう。
  • 【5】フライパンにサラダ油とごぼう、にんじんを入れ混ぜてから中火にかけます。
  • 【6】「ジューッ……」という音がしてから4分程度、軽く焦げ目がついたらざっと混ぜ合わせます。
  • 炒めている間は、放置しましょう。むやみにかき混ぜると、火の通りが悪くなります。
  • 【7】手順4の合わせ調味料を加えてざっと混ぜ、汁気がなくなるまで1~2分ほど炒り煮にします。
  • 合わせ調味料が行き渡ったら、むやみにかき混ぜる必要はありません。煮詰まるまで放置しましょう。
  • 【8】煮汁がほとんどなくなったら粗挽き黒こしょうを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて行き渡らせます。
  • 調味料の焦げ付きが気になるようなら、火を止めて行なっても構いません。
  • 【9】保存します。
  • 保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント ごぼうは皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面やアルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく泥を落としやすいです。 シンクが狭い場合はごぼうの長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。 ごぼうはすぐに調理するので水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合は変色を防ぐため水につけるとよいですが、必ずキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取ってから調理しましょう。油がバッシバシはねます。 炒めている間は放置しましょう。むやみにかき混ぜると火の通りが悪くなります。 合わせ調味料が行き渡ったらむやみにかき混ぜる必要はありません。煮詰まるまで放置しましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 加えておいしい具材:こんにゃく/れんこん/ナッツ類/牛肉/豚肉/鶏もも肉 豚バラ薄切り肉を使用しても構いません。3~4cm幅に切り、同様に作ります。 卵で閉じても。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画